» 二胡情報のブログ記事



デンペンの減り対策として、テープを貼ったり 金属板を貼ったり という方法を試してきました。

テープは手軽ですが頻繁にテープ自体の張替えが必要で、どうしても摩擦が起きて運弓が重くなりがち。

金属板は減らないし運弓も滑らかですが、加工が大変で、角の鋭利な部分で弓の毛を切ってしまったりと、どちらの方法も一長一短です。

今回は前から試してみたかった、”水回り補修用アルミテープ”を試してみました。




アルミテープ


こんなやつです。ホームセンターで300円ほどでした。

まずはデンペンとその周辺をきれいにします。松脂も拭き取ります。

アルミテープをデンペン全体を覆うように貼りつけ、

角にハサミを入れて、折り曲げます。

これでアルミ保護のデンペンの完成!

加工は簡単です。

使用感、耐久性

まずは見た目…ギンギラギンであまりよくないですね^^;

弾いてみた感じはとてもいいです。弓が重くなるようなことはありませんし、角の処理をきちんとすれば、弓を適当に扱っても毛が引っかかることはなさそうです。

アルミ蒸着の補修用テープですから、耐久性もありそうですが、金属板のように、一度貼ればずーーーーっと使えるのかどうかは…しばらく試してまた報告します。


IMG_7928

千斤…二胡の内外弦をまとめ、振動を制御する大切な部品…
この千斤について、小林が2016年8月に思っていることをまとめて書きたいと思います。
(随時変わっていくことが予想されますので、何卒参考程度の話としてください。)




千斤が変わると何が変わる?

千斤にはいくつか種類があります。
手に入りやすいものを大きく分けると、次の2種類となります。

・紐千斤 … タコ糸、ポリエステル素材等
・固定千斤 … プラスチック、木材、牛骨、金属等

千斤によって、二胡の状態が変化するのですが、なにがどう変わるかということはなかなか言葉にしずらいです。
それでもあえて言うなら、僕は、「弦の振動の“締り”具合」と感じています。

千斤が良い状態だと、運弓によって与えられた振動が、振動させる目的の場所<駒から千斤までの間の弦>の中で、統制がとれた状態できれいに振動しているように感じます。

逆に千斤が悪い状態ならば、千斤が弦の振動を制御しきれずに<駒から千斤の間の弦>以外の部分に振動エネルギーが漏れてしまい、振動に生気が失われているように感じています。

この結果として、千斤が悪い状態の二胡で、ウルフトーンが起きたり、音が出しくかったりして、「弾きにくい」「音が悪い」と感じているのではないでしょうか。

特に、僕には音の“生気”という感覚が大切で、生気のある音は、音が自分から出て行ってくれる(弾きやすい)、ぎゅっと引き締まった生命感のある歌声を奏でる(音がいい)と感じています。

紐or固定 どっちがいいの?

僕は固定千斤でこれまでいいなと感じたものはありません。
QQ千斤という固定千斤の一種があり、これには機能的にもかなり希望をもったのですが、結局使いませんでした。→理由は過去に記事にしました。

これは僕の弾き方とも関係があるとは思います。

Q:「紐千斤は弾いているうちにずれてきて開放弦の調弦が狂う」
A:僕はこのように感じたことはありません。僕は千斤から弦が離れてしまうほど押弦に力が必要だと思っていないので、千斤がずれるというのは僕にとっては力の入れすぎが原因だと考えます。

Q:「引き弓と押し弓で音程が変わってしまうのだが、固定千斤だと収まった」
A:引き弓と押し弓の“弓の角度”や“弦への圧力”は同じでしょうか?運弓だけで音程が変わるなんて、弦に加えている力の状態にかなり違いがなければ起きにくいと思います。
 弦楽器で音程を決めるのは「弦の長さ」「弦の張力」です。弓を押すか引くかで、千斤自体がこの2点に対して違う状態を生み出すようには思えません。

*よくある質問にあえて答えてみましたが、実際にはどんな二胡をどんな風に弾いているのか見てみないとはっきりしたことはわかりません。
楽器の調整状態でこういった症状がでることもありえますので、疑いがあれば他の人に自分の楽器を弾いてもらって、誰が弾いても同じ問題が起こるか試してみてもいいかも。

というわけで、小林は紐千斤がオススメです。

小林おススメの紐千斤

小林がオススメしているのは、ダイニーマという素材で作られた紐千斤です。
IMG_7928
こばやし二胡教室でも扱っていますが、色がいろいろ混ざっています。十三堂楽器さんでは、黒一色、白一色のダイニーマ千斤が販売されています。

これはとても生気のある音になります。開放弦の音と押弦の音の音色の差が小さいのもポイント。
なにより、ダイニーマ千斤は「千斤の良い状態が長持ちする」ということが大きなメリットです。

千斤は劣化する

紐千斤は、竿に数回巻いたあと、竿と弦に何回か渡して縛ります。

使っていくと、弦にわたっている千斤それぞれの力のバランスが狂っていきます。
もちろん、紐素材自体が伸びてしまうこともそれに拍車をかけます。

それで、良い紐千斤でも、使っていくと良い状態を保てなくなっていきます。

「最近調子悪いな…」と思っていた二胡、千斤を巻きなおすだけで生気復活!という経験はたくさんあります。

上のダイニーマ千斤は、この狂いが少ないのか、良い状態がかなり長く持つような気がします。
それでも、数か月に一度はまき直し、年に一度は新品に交換した方が良いと思います。

千斤の高さ

千斤の高さについては過去に記事にしました。
 →千斤取り付けの考え方 その1【高さ】
 →初心者卒業したら千斤は高く!

また、有名な千斤の高さの合わせ方、というのもあります。
 →はじめての千斤の高さのあわせ方

このはじめての合わせ方、というのは、本当に「初めての人」に向けてのものです。
「二胡これから始めるの?じゃ~千斤どうしたらいいかなんてわからないよね。まあとりあえず、このへんにしといたらいいんじゃない?」
という程度のものです。

千斤をある程度高くすると音色と演奏性が上がるのは本当です。
でも自分の演奏スタイルに合った高さである必要があります。
千斤の高さによる影響を理解し、自分の音楽のために自分で高さを探したいものです。

僕も、千斤の高さはいつも変わっています。
昔は「駒から何センチ」と数字で覚えていましたが、いつからか本当に適当になってきました。
自分が気に入らなければ、すぐにずらして調整しています。

千斤の幅

こちらも過去記事より
 →千斤取り付けの考え方 その2【幅】
 →はじめての千斤の幅の目安

2016年の僕は「自分の親指の爪の7割くらい」の幅にしています。

巻き方

こちらも過去記事紹介。
 →二胡・千斤のまき方

弦に8回まわるように巻いています。
なぜその回数か?1回巻から20回巻までためして、一番いい感じだったからです(笑)

それで、現在の小林二胡の千斤は?

ずーーーーっと気になっていたんです。
研究努力によっていろいろな素材の千斤や複雑な仕組みの固定千斤など様々にラインナップしているのに、どうして有名な演奏家たちは皆白い紐千斤ばかりなんだろう…
あれたぶん、タコ糸だよな…まさか、先端素材が安いタコ糸に負けるはずがない…そう思っていました。

ひょんなことからちょっとタコ糸を千斤として使ってみると、なんということでしょう!!
これまでに使ったどの千斤よりも、ぎゅううっと密度が高く、ハリがあって、生気が漲っている二胡になりました!!
ダイニーマ以上です。

というわけで、2016年小林の二胡の千斤はタコ糸です。
IMG_7929
今は、近所の100均で売っていた細いほうのタコ糸を使っています。

ところが、大きな問題もあります。タコ糸千斤は良い状態があっというまに終わってしまうことです。
長くて1週間。ほんとうにあっという間です。

それ以後は、だらけた音になっちゃいます。
これまでタコ糸千斤に魅力を感じなかったのはこのせいだったんです。

小林は最近は週1で千斤を新品交換しています。

2016夏千斤まとめ

千斤は紐がいい!

頻繁に交換できない人はダイニーマ

自分で交換できる人はタコ糸

というのが小林のこの夏のトレンドです。

ぜひご自身でいろいろ試して、自分の好みの千斤セッティングを見つけてください!

どうぞご参考まで。


IMG_5854

二胡弦使ってみた!
中国土産でいただいた「中芝科技」というメーカー?ブランド?の並級二胡弦を張ってみました。



情報なし!

日本ではめったに見ないものですよね。
今検索してみても情報らしいものは見当たらず。

ただ、FangFang弦とパッケージのデザインが似ていますね。
IMG_5360

パッケージ裏に「徳国~制造」とあるのでドイツのメーカーの作のようです。
なにがしか関係があるのでしょうか。

粘りのある音

落ち着くまでに2日ほどかかりましたが、けっこう粘りのある音で好きなかんじです。
「ぎゅうっ」という感じが出せます。
それがあまりバイオリンっぽくないように思えます。好感触です。

素材が元気なうちだけかと思っていたら、その新鮮な状態はけっこう長持ちしています。
いい弦かも!
どこか日本で安定して入手できるところはないものかしら…


これと同じものだったりして


IMG_5361

二胡弦使ってみたレビュー!

FangFang(芳芳)ブランドの赤弦です!



赤色

ドイツメーカーのOEMで製作されているファンファン弦シリーズ。
金色や青色などありますが、今回は赤色を使ってみました。

この赤弦、ファンファン弦の中でも一番人気があるようです。

高すぎない値段、硬すぎないし柔らかすぎない弦質、ハリのある音色。

使ってみるとなるほど人気がある理由がわかりました。

どちらかというと”元気な音”という印象。

普段使いの扱いやすい二胡弦としておすすめです!


IMG_5294

気まぐれで弦交換!
十三堂楽器の二胡弦「精製弦」を使ってみました。



十三堂楽器

IMG_5295

大阪難波にある中国民族楽器専門店、十三堂楽器。
僕はこのお店の講師として、二胡の先生のキャリアをスタートしました。

そんなこともあり、一時期この弦ばかり使っていた時期があります。

今回かなり久しぶりに使ってみた印象は、柔らかくて扱いやすい弦だ、ということでした。

今風のハリのある音ではないですが、力なく弾ける感じで初心者や、いわゆる”癒し”の音と演奏感を求めている人にいいかも。

この弦に、パワーや音色のハリを求める場合は「強力弦」「超強力弦」という商品もあります。
厚い蛇皮を鳴らすために開発されたと聞いています。ヘビー級の二胡をお使いの方はお試しあれ!

十三堂楽器ホームページ
http://www.13do.com/


Dtyoukyouhon

こばやし、本を書きました!

毎日の二胡の練習のお供に、どうですか、お客さーん!



コンセプト

この本は、

 ・毎日練習したらいいのはわかるけど、具体的に何をやったらいいのかわからない…
 ・基礎練習なんて楽しくないし、意味があるように思えない…
 ・時間がないから練習プランを考えるのも面倒だし、手元にある楽譜の曲しか弾いてない…
 ・単純に、練習キライ…

てな具合に、基礎練習を積み重ねていない人へ向けた、基礎技術の反復練習を目的とした”ドリル”です。

1日1ページ5分。単純な音階練習を、指定されたテンポで弾きます。
page

単調な曲をゆっくり弾く、簡単な曲ばかりです。「なんだ、簡単じゃん」と感じると思います。
でも、本当に楽譜のとおりに、相違なく弾けているでしょうか?

野球選手がバットの素振りを日々繰り返すように、少しでも毎日、単調な練習を積み重ねることで能率的な演奏動作を体に覚えさせます。

ページを進めると共に単純に難易度が上がったり、奏法の解説が載っているものではありません。

 ***************

「基礎は大事」誰もが思うことです。

でも、忙しい私生活の中、楽器の練習に時間はなかなか割けないもの。
工面した少ない練習時間のなかでは、単調で楽しくない基礎練習はついつい少なめにしてしまうものです。
毎日、せめてこの本の1ページだけは弾くことにする。それだけで毎日の練習にリズムができます。

中・上級者や、自分に必要な基礎練習を自分で用意できる人にとっても、こういった単調な曲を1日の練習の最初にやることは、音楽するための体と心の準備をすることになります。

毎日の練習のお供に!

範囲・内容

この本は

 D調第一ポジション編

です。
二胡で最初に習うD調第一ポジションの音を使った練習です。
途中までは小指も使いませんので、二胡をはじめたばかりの人にも使えます。

練習曲は全47ページ。
メトロノームとチューナーを用意して、ページごとに指定されたテンポに合わせ、音程を確認しながら練習します。

A4サイズの冊子。文字が大きく見やすいのも特徴です。
IMG_5305

価格

seisririj

●毎日の二胡基礎練習ドリル D調第一ポジション編
こばやし二胡教室 小林寛明 著

1冊2000円(税別) 
国内送料250円

 *****

*「毎日の練習のお供に」という目的に沿わないのでオススメではありませんが、PDF版も用意しました。海外在住の方はこちらを。
PDF版 1500円(税別)

銀行振り込み、paypalクレジットカード決済でお支払いいただけます。

購入ご希望の方はこばやし二胡教室までご連絡ください。

〒918-8012福井市花堂北2ー6ー14 コバ株式会社2F
メール:erhufukui@gmail.com
電話番号:050-5857-6183(小林)


dfanifwonaiwiowo

上海民族楽器製の「名人型二胡弦」という弦を使ってみました。



上海民族楽器製

このメーカーからは「敦煌型」「牡丹型」「百花型?」など、いろいろなグレードや種類の弦が販売されています。
どれもパッケージのデザインは同じなので、間違えないように購入したいところ。

どれも安価な部類といえますが、「名人型」はその中では上位クラスということのようです。

注意したいのは、このブランドはパッケージと中身がちがうことがままあること!
外弦と書いてあるのに内弦が入っていたりしますので、購入の際には確認を!!

朴訥

弾いてみると、とても二胡らしい、民族楽器らしい音がします。

バイオリン弦のメーカーが作っている弦にくらべて、音色の高い部分の輝きも、低い部分の迫力もおとなしめ。派手さはありません。

温かみと意思の強さを感じさせる中域が魅力のようです。
とても真面目な音というか。

なめらかな弾き心地。

中国民族音楽古典曲と真摯に向かい合いたくなる音です。

日本国内でも取り扱っているお店があります。購入は「上海民族楽器 名人型二胡弦」で検索してみてください。


IMG_4463

二胡キャリングバッグ・NKB-03
こちらをレビューしてみようと思います。



キャリングバッグ

【二胡キャリングバッグ】と題されたこのケース。

セミハードケース と ソフトケース のいいとこどりをしたような、
軽量で安心感のあるケースとなっています。

IMG_4467

極厚のスポンジで楽器を包む仕組み。
ケース自体はカッチリ長方形となる芯がはいっていて、セミハードケースのような軽さと取りまわし易い工夫が施されています。

IMG_4466

二胡が入るところはあまりガバっとは開きません。耐久性を考慮してでしょうか。
蝶番で真っ二つになるケースになれてるとすこし戸惑いますが、なれでしょう。
側面、底面のスポンジが厚くていい感じです。

二胡の大きさには多少の差があります
一般的なセミハードケースだと、大きめの作りの二胡が入らなかったりしますが、このNKB-03は小林の手元にある大きめ二胡はすべて入りました。

ただ、龍頭やその他の形状の二胡の場合は、入るかどうか試してみないとわからないです。

持ち手

IMG_4465
ケース上部の持ち手!これは高ポイントです!!

IMG_4464
リュック式となっています。方にやさしいつくりになっているし、なによりケース自体が軽いので、背負っても負担になりにくいと思います。
リュックのステーはそれぞれ取り外すこともできます。

IMG_4469
地面と接するところにはゴム足がついてます。

IMG_4468
松脂や小物を入れるには十分な小物入れ。
チャックの閉まる方向にご注目!
この方向だと、ケースを立てた状態でも小物の出し入れができます。
案外逆方向についてるケース、多いんですよね。

軽い!

IMG_4471
小林が普段使ってるペラペラソフトケースとならべて。
肉厚スポンジながらスリムな外形で、取り扱いやすそうなケース。

ハードケースみたいに、上に物を積んでも安心…ではないです。
特に蓋になる面(小物入れがついてる面)はスポンジも薄めです。

キャリングバックの名にふさわしい、ガンガン持ち歩くのにぴったりな軽くて安心のケースでした。

ちなみに、赤、黒、ブラウンとあります。
この記事の赤いケースの色、ピンクっぽくもみえますが、実際は写真の赤よりももっと深い赤です。
ナイロン生地でテカテカしたものではありませんでした。


IMG_4379
メンテナンスでMY二胡をばらばらに~

思うところがあり、胴や竿を細かい紙ヤスリで研磨。つるつるになりました。
二胡の表面は塗装されていませんが、その代わりに蜜蝋を塗って表面保護をすることがあります。

あ、うちの蜜蝋切れてた…まあ、なにも塗らなくてもいいかな…と思っていったところ、1本の瓶が目に入りました。



オレンジオイル

IMG_4380

ギターやバイオリンなどでは、本体は塗装されていても指板など一部塗装されていない部分があります。
その部分のクリーニングと保湿?に柑橘系のオイルが使われます。

自分のメイン二胡より高いギターを買った小林もこれ使ってます。

塗装されていない部分に使えるなら、木肌まるだしの二胡にもつかってもいいでしょ?
と、変な勢いで使ってみることにしました。

たんまり

IMG_4381
ギターなどと同じようにティッシュにオイルをとって

IMG_4382
塗っていきます。みかんの香りが広がります。

IMG_4383
てろーん

こんな調子で竿も台座にも塗りました。
ギターではクリーニング目的でもあるので、塗ってしばらくしたらふき取るのですが、忘れてしまって数日放置(笑)

IMG_4398
数日後にふきふき。すると…

木肌がしっとりした質感となり、竿のさわり心地が研磨した効果もありすべすべで手にフィットするようになりました。
IMG_4399
写真ではわかりにくいですが、色に深みがでて高級感が増したような。

自己責任で

オレンジオイルを塗った二胡、いい感じになりました。
音が良くなったかどうかはわかりませんw。まあオイル塗って音が良くなることはないでしょうが、いい気分転換になりました。
新しい気持ちでこの二胡に触れられます。

オイルに利用はギターやバイオリンでもいろいろな意見があるようで、積極的に使うものではないとの意見もあります。
クリーニング以外では急な湿度変化に耐えられるようにするのかなあと思います。

二胡は基本的になんにもしなくても大丈夫が楽器だと思います。
もしやってみる際には自己責任で。弓にオイルがつかないように気をつけてくださいね。


IMG_4389

二胡の調弦の微調整をするために弦にとりつける微調整ネジ
木軸の二胡でも、調弦自体は慣れれば木軸だけでしっかり追い込むことはできますし、できるようになりたいところです。

金属製の微調整ネジは、音の振動に共振して音色に悪影響を与えるとも言われていて、使わない人も多いアイテム。

ですが、僕は演奏中に微調整することも多いので^^;しっかり内外両方につけています。

ずっと中国製の微調整ネジを使っていましたが、最近ウィットナー社製の微調整ネジを使ってみたらとてもよかったのでお知らせします。



この形!

二胡で使われる微調整ネジ(アジャスター)にはいろいろな形がありますが、僕が使うのは上の写真のタイプ。
もともとは分数バイオリンのための部品のようですね。

このタイプが、一番音程の変化幅が大きく、演奏しながら調整しやすいと思っています。
仕組みも理解しやすい。

見た目が同じでも作りが違う物もあります。中国製を使っているときは、よく細部を見てから買っていました。

ドイツ・Wittner社

IMG_4387
微調整ネジのネジ部のあたりに刻印が見えますか?
「WITTNER GERMANY」と彫られています。

ドイツのメトロノームや弦楽器部品の有名なメーカーです。

このウィットナー製微調整ネジ、見た目は中国製と変わりませんが、使用感がかなりちがいます。

ぬるーーー

ウイットナー社製微調整ネジ、ネジが、適度な抵抗で”ぬるーーーーーーっ”と動きます(笑)。

中国製のネジだと、ネジが硬くてまわしにくい場合があり、指先が痛くなることもあるのですが、こちらは少ない力でもじわーっと回ります。微調整しやすい!

この使用感はクセになります。微調整したくなる!

中国製にくらべ、値段は倍しますが…オススメしたくなる部品でした。

Pages: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 18 19 20 Next

こばやし二胡教室SHOP

ウェブショップはこちら  ↓↓ http://erhufukui.thebase.in/

二胡に関する記事

奏法やメンテナンスなどの情報記事はこちらにまとめてあります。

→二胡情報一覧

音源