» 二胡情報のブログ記事


IMG_0901
二胡を練習していると、↑みたいに白い粉が積もります。
これはアヤシイ薬じゃなくて、弓に塗っている“松脂”が積もっているんです。

練習すればするほど、松脂は白く積もっていきます。
松脂を綺麗に取り去る方法を紹介します。


普段は気にしない

僕が最初に教わった先生には、
「ここが白ければ白いほどかっこいいのだ!!!」
と習いました(笑)

分厚い松脂の層→長時間練習 という公式がなりたつからでしょう。
TVに出てくる二胡奏者などの二胡も、軒並み真っ白ですよね。

この松脂、普段はほっておいおてとくに問題ないのですが、ベタベタするので、たまに綺麗にふき取りたいと思うこともあると思います。。

一番いいのは、毎日演奏後に乾いた布でその都度ふき取っておくこと。
しばらくほったらかしにしていたら、こびりついて簡単には取れなくなってしまいます。

こびりついた頑固な松脂は、アルコールをちょっとつけてふき取れば大丈夫!

マニキュアの除光液でもよい、といわれていますが、昨今の殺菌ブームで、いろんなお店や施設にある、手の消毒用アルコール
grgjkk89u
↑こんなやつを拝借して、ちょっとだけティッシュにとってふきとれば綺麗にとれますよ。
蛇皮の部分だけはアルコールつけないほうがいいでしょう、一応。

西洋の楽器はどうしてる??

バイオリンやチェロなども弓に松脂を塗って演奏するので、もちろん演奏によって松脂が積もります。

でも、演奏されているバイオリンをみて、白く松脂が積もっているところなんてみませんよね?

バイオリンは胴の板が薄くて強度も弱いので、楽器保護のため仕上げにニスが塗ってあります。
このニスは音響効果の面でも効果があるようです。
 
 ◎参考リンク
 http://www.violin-p.com/clm/varnish.htm

積もった松脂は表面のニスを侵してしまうため、バイオリニストは演奏の度に几帳面に松脂をふき取るようですね。

上質な二胡は表面は何も塗ってありません。松脂でべたべたになってもふき取ることができるので、あまり気にされないようです。


千斤は、
内外弦をまとめ、
開放弦の位置を決め、
弦の振動を整える大切な部品です。

僕は糸千斤を使っています。特殊なまき方をしていることが多いので、今回は千斤のまき方にチャレンジしましょう。
(釣りをしている人には有名なまき方だと聞いたことがあります)


結び目を作らない

以下の動画も参考にしてください。

これは下から上に向かって巻いてますね。

巻き具合

千斤の材質によって、弦にまく回数を調整してみてください。

開放弦を弾いてみて、とても金属的な音がするようだったら千斤の弦にまく回数を増やしてみたり。

厚い蛇皮の新品の二胡で全然鳴らない…なんて時には巻く回数を少なくすることを試したりしています。

千斤の交換なんてそうそうやることではないので上手にできないかもしれませんが、やはり紐の千斤はゆるみが生まれるので時々まきなおしてやるといいと思います。

うまくできなかったら小林二胡教室へお問い合わせください…(^-^)


弦の振動を蛇皮に伝える「」。
駒は弦と蛇皮の間に挟まれているだけなので、簡単に取り外すことができます。

交換するときはもちろんですが、駒の位置がずれてしまったとのを直すときにも、このノウハウは使えますよ。


交換方法は動画で説明

今はいろいろなお店で、様々な素材・形状の駒が販売されているので、
いろいろと付け替えてみると、音色や弾きやすさも大きく変わって楽しいです。

大雑把に言うと…
 ・大きくて重い駒は丸くやさしい音色に。
 ・小さくて軽い駒は明るくて遠くまで届く音色になります。

実は市販の駒は大きめに作ってあって、そこから自分のニ胡にあうようにヤスリで削っていくものだ、なんて話も聞いたことあります。

僕も昔は駒造りにハマりましたw。

ニ胡は生皮を使っているので湿気などの影響を大きく受けます。
季節によって駒を変えたり、
表現したい曲によって駒を変えたり
簡単な構造のニ胡だからこそできる楽しみです。

駒のズレ

ケースから出して演奏しようとするとき、駒がずれていないか確認してください。
ちょっとしたズレは日常的に起きます。

斜めになったりすると、音程にも音色にも影響あることも。

駒がどういう仕組みでそこに挟まっているのかを理解していれば、怖くないはず。
グッと正しい位置へ戻すことも立派なメンテナンスです。


二胡のオイシイテクニック、ビブラート。
以前のエントリでやり方についてサラっとみてみました。

 ◎二胡の回転ビブラート
    
 ◎二胡・ビブラートの注意点       
   
↑で紹介したビブラートは、俗に「回転ビブラート」と呼ばれるもので、
バイオリンなどに近いやり方のようです。

西洋歌曲の歌声のようなビブラートで、僕ら日本人の耳にも一番しっくりくる音ですよね。

実は二胡のビブラートのやり方は他にもあります。


押す

<押しビブラート>

押さえている指で弦を押す、という、実は一番簡単にできる方法のビブラート。
すすり泣く声のような悲しみを表現するテクニックと捕らえられています。

有名なところでは、「江河水」という二胡名曲を演奏するときに使われます。

この曲は、夫を殺された妻の悲しみが表現されています。
弦を押すときは”指の関節の力”で押さないで、手首の重さを指先に乗せるようにするのがポイントです。

ずらす

<すべりビブラート>

こちらは、押さえている場所を上下に滑らせてしまうというビブラート。

西洋化の進んだ現代曲よりも、地方の古典音楽や楽器を演奏するときにもちいられることがあるそうです。
*このテクニックについては僕も本でちょっと読んだだけなので、詳しいことは分かりません…

ビブラートの道は一日にしてならず

「音がゆれりゃあいいんだろ?」
で適当にビブラートしていませんか?(笑)

表現の幅を広げるためにも、目的にあったビブラートを使い分けられるようにしましょう!


4t20plm0plm

購入したのでレビューしてみます!
最もポピュラーで値段も手ごろなメトロノーム。
1つは楽器ケースに入れておきたいですね。


MA-1

212k98698263
楽器用チューナーやメトロノームに定評のあるKORGの、スタンダードな電子メトロノームです。
見た目もスタンダード、機能もスタンダード。
メトロノーム初めての貴方、いろいろな機材を渡り歩いて探し疲れた貴方へおすすめの、超標準的メトロノームとなっています。

◎KORG MA-1メーカーサイト
http://www.korg.co.jp/Product/Tuner/MA-1/

音量!

操作についてはメーカーサイトをみてもらうとして、
・0~9拍子&様々なリズムに対応
・アニメーション表示
・基準音再生機能
・イヤホンジャック
・ボリューム
・自動電源OFF(メトロノーム停止から20分後)
・自立簡易スタンド内蔵
といった基本的なことは全て押さえられています。

小さい画面ながら、視覚的にもリズムが取りやすいような工夫がされています。
使ってみないと分かりませんが、三角による拍表示、下部には棒が移動するアニメーションがあります。
t44t0911apapappsp

例えば9拍子に設定すると↓
aefaefml1mlml1

スペック表から分かりにくいものに、メトロノーム音の“音量”、聴き取りやすさがあります。

特に、メトロノームとチューナーが一体になっている機種や超小型のものなどでは、音が小さすぎて、または音色が弱くて練習に使えないこともあります。

どのくらいの音量があればいいか、は個人差があると思います。
MA-1の音量は余裕があるとは言えませんが、二胡を練習するには十分な音量が出ると思います。
音量最大のときにはすこし音が歪んでいるので、かなりがんばって出しているんだと思います^^;

音量が足りない人、しずかな場所で練習する場合はイヤホンジャックを活用することになります。

ペンデュラムステップ

△▽ボタンを押すことでのテンポの増減量を次の2種から選ぶことが出来ます。

ペンデュラム・ステップ
 機械式メトロノームと同じ方式。△▽ボタンを押すと、テンポが次の間隔で変化していきます。
~60まで 2ずつ
〜72まで 3ずつ
~120 4ずつ
〜144 6ずつ
~240 8ずつ
240~12ずつ

フル・ステップ
テンポが△で+1、▽で-1変化します。

もちろん、ボタンをタップしてテンポを設定することもできます。

旧モデルと

僕は長年KORGの旧モデルメトロノームを使っています。写真右↓
4tt80nazih
もう表示もおかしくなってて、かなりオンボロ。それでもこの旧機種も現役です。

とりあえずの1台、間違いのない1台にピッタリのメトロノームMA-1。
値段も手ごろでカラーバリエーションもあります。

こういった機材は一つも持ってない人にとっては悩んでる時間が無駄で、さっさと購入してとりあえず使ってみることが大切だと思います。

どんな機種が自分に合うかなんて使ってみないとわからないからです。

悩んでいる方にはこちら、おすすめします。これを使ってみて不満があるなら、その要素をそなえた機種を探せばいい。
そのとりあえずの相手としてぴったりですよ~。

リズム感が育ちにくい二胡の練習にとってメトロノームは必携です!
是非1台、手元に置いておきましょう!!


楽器をもっているときだけが練習時間じゃありませんぜ、奥さん!
チャンスがあればいつだって練習時間になるってもんです!

修得が難しいビブラートの練習。僕が練習時間以外に行っている方法をひとつ紹介します。


安全第一

この日は、ちょっといい車に乗せてもらってドライブ。
app-058238400s1309659592

ハンドルって、ちょうど二胡の竿-弦くらいの太さがあるとおもいませんか?
僕は運転中、ラジオの音楽をメトロノーム替りにして左手はハンドルでビブラート練習してます。

押してー
app-087241000s1309660779

引いてー
app-054692600s1309660736

ビブラートの動きがハンドル操作に影響を与えないように。修練の結果、ちょっとしたカーブはビブラートしながら曲がれるようになりました。

ビブラートの練習のコツは
”ゆっくりゆっくりしょっちゅうやる”
ことだとおもっています。
少しでも機会を見つけて練習してましょう!!
でももちろん安全運転で!!!!!!

※これを実践して事故などがおきても当ブログは一切の責任を負いません。
自己責任でおねがいします。


前回につづいて、ブログ読者Sさんから教えてもらった、竿を持つ手のベタツキ対策について。

今回は竿側に施す方法について、Sさんが試された方法を紹介します。


製本テープ!

とりあえず、Sさんから頂いた資料をご覧ください。
クリックすると大きな画像が表示されます。

 ◎資料その4

竿に製本テープを貼る、という方法です。いろいろやられてますねえ^^;

やってみた

100均で手に入るようなので、僕も試してみました。

3r33rr3612
買ったのはダイソーで売っていた製本テープ。Sさんの資料にあるものより幅広で、5cm幅のものです。
この幅でも二胡の竿からはみ出ることはありませんでした。

適当に切って、
rgtyjk8lw

貼った!!
gfgfgf2raqmmll
凹凸なく綺麗に貼るには注意が必要でした。

弾いてみた

確かに、汗の逃げ道が多くなってさらっと弾けるように思います。
生徒さんに試してもらっても、いいかも!とのことでした。

これだといちいち手袋はめなくていいから楽ですね。目立ちませんし。

のりが残る

この製本テープ、はがしてみると結構糊が残ります^^;

自分の二胡に貼ったので、完全に糊を取り去るのにかなり苦労しました。
ちょっと試しにやってみる人は、この点ご注意ください。

Sさんの資料にもあるように、張り替えてしまえば糊は気にならないと思います。

Sさんありがとうございました!

楽器や演奏に対して自分なりのアイデアを試して行くのはとても大切なことです。
音楽はとても個人的な芸術。どこかに正解があるはず、なんて思わずに、自分なりのちょっとしたひらめきを試していくことを続けて行くことが、なにより自分の音楽を形作るし、楽しいですよね!

Sさん、貴重な資料ありがとうございました!


金属デンペンを伝授してくださったSさんから、またお便りいただきました!

竿を持つ手。汗をかくとベタベタして滑りが悪くなって、ポジション移動がしにくい経験は誰しもがあると思います。
これについて、その方が試された対策を手側/竿側それぞれ、資料にまとめたものを見せてくださいました。

許可を得て、これを当ブログでも公開させていただきたいと思います。

今回は、“手”に施す対策について。


本筋なら

竿を持つ手が汗かいてベタつく問題。
これには僕も悩まされて、演奏の時にはタオルが必須だったころがあります。

今はタオルは必要なくなりました。なぜなら、演奏時に手の平から汗をかかなくなったからです。

舞台役者さんが顔から汗かかなくなる、というのと同じで、しょぼいながらも鍛錬の結果、自律神経を書き換えてしまったのでしょう。

演奏家としてキャリアを積まれている方から、「いやあ~手汗がひどくてね」という話はききません。
個人差はあれ、技術の向上もあいまって、熟練していくとそれなりになんとなく解決していく問題だとは思います。

とはいえ、そんなに練習できない方には重い悩みの種です。
Sさんの資料から、自分にもできそうなものを試してみては如何でしょう?

Sさんの資料公開

以下をクリックすると表示されます。

 ◎資料その1

 ◎資料その2

 ◎資料その3

6種もの手袋などを試されています。

また、資料に登場する言葉「虎口」とは、手の竿と触れる部分、親指と人差し指の間の部分のことです。

⇒参考リンク

小林的には

Sさんの紹介されている中では、三味線の指かけ、これは厚くて遊びが多くて、あまり小林としてはお勧めできません。

薄手手袋については、僕もやってみたことがあります。

 ◎竿を持つ手が汗ばんだら…サポーターのススメ

Sさんが紹介されている他のタイプの手袋は耐久性もありそうでいいかもしれませんね。

でも、何もつけないで弾けるようになることがやはり本筋です。
二胡が身体の延長にならなければなりません。

できるだけなにもつけないで練習してほしい、という気持ちがとにかく1番です。

「手汗さえなんとかなれば…」
という方は必要悪と肝に命じて、これらの方法を試してみてくださいね。

次は、竿に対して施す対策について紹介します。


二胡の回転ビブラート

で二胡の回転ビブラートのやり方を書きました。
よし!私もビブラートやってみよう!と思った方、ちょっとまって!

ビブラートの練習を始める前に、基本を確認してください。
座り方、楽器の持ち方、姿勢。
安定したロングトーンは出せますか?


良い例

Pictures16
↑これが正しいもち方(こばやし的に)。楽器に対して正面から見ています。

指の関節が弦と同じ方向に並んでいるので手首の動きにあわせて大きく弦の上で指先を転がすことができます。

<良い例動画↓>

猫まねきのような手首の動きを、指の関節がそれぞれ適宜曲がったり伸びたりして指先に伝えていきます。

悪い例

Pictures17
↑ビブラートが綺麗に出来ない人の多くは、手の形がこんな感じになっています。

指の又がひらいて、指が弦を横から押さえている形。
手首が寝てしまっていますね。

この状態では手首の動きを効率よく指先に伝えることができません。
指の関節の曲がらない方向に手首からの力がかかります。

結果、指の関節はロックされたような状態となり、弦を押してしまいます。
<悪い例動画↓>

まずは良いフォーム

ビブラートをはじめとした装飾音は、しっかりした基本技術のまっさらな下地があって初めて生きます。
基礎がいいかげんなまま新しい技術を無理に身につけようとすると、イケナイクセになるだけ。
今一度、自分にキチンと基礎が身についているか、確認を。
自分を見つめなおすいい機会ですね(笑)



二胡といえばビブラートでしょっ!
そんな声が聞こえてきそうなほど、二胡にとって重要な技術です。
だからこそ本当に難しい、地味で地道な練習の積み重ねが必要な技術です。

二胡のビブラートのやり方にはいくつかありますが、ここでは一番一般的な「回転ビブラート」と呼ばれる方法をやってみましょう。


どこが回転?

まずは人差し指でのビブラートを。きれいなフォームで弦の上に指を置きます。
Picture-18
赤線のところが、弦と指先の接点。

この状態から、手首を振る動きによって、弦の上で指先が転がるようにします。

手首だけでみると、ネコ招きのように「オイデオイデ」するような感じ。

手の平が寝ないのが小林式です。

この動作によって、指先の弦に触れているところがタイヤのように転がって、わずかに音程を変えていきます。
指先が“回転”しているということでしょう。

回転範囲は、音程の上がるほうは爪が当たるところまで。
gargagaoikj8iuuygyv1

音程が下がるほうは指の腹が弦につくまで、もしくは、手の平が竿につくまでとなります。
gargagaoikj8iuuygyv2

手首の動かし方にはいろいろなやり方があるようですのでご参考まで。
ゆっくり練習するときには、回転最大幅で練習しましょう。

3つのポイント!

<その1! 弦は押さない!
弦の上を指が転がるビブラートでは、弦を押さないのが基本。
まずは上の動画のように、ゆっくり動かすところから始められると思いますが、その動きの中で、弦をギュッギュッと押さないように練習してみてください。

実際の演奏ではどうしても弦を押す力も入ってしまいます。
これが表現上の“気持ち”“想い”ならばいいですが、単なる“力み”が加わるようだと豊かなカーブは描けません。
ビブラートの基本練習の時には弦を押すことなくビブラートできるような練習を心がけましょう。

<その2! ずれない!
上の写真の赤線。弦と指先の接点です。
ウニウニとビブラートしているうちにこの接点が上下にずれていかないように注意してください。
ビブラートを始める前と終えた後で、音程が変わっていたらアウト!
もちろん手首の形が変わってしまうのもアウトッ!!

<その3! 動くのは手首!
このビブラートで“動かしている”のは手首だけです。
指の関節は自主的に動きません。(もちろん肩・肘も動きません。)

手首が動くことによって、上の動画のように指関節がつられて”動いてしまう”のです。

最初はどうしても指先に意識が集中してしまって、指の関節を動かしてやろうとしますが、それでは綺麗なビブラートはできません。

手首を振るリズムでビブラートの波をつくります。ここ重要です!

ほんとに難しい技術

最初はこの動画の始めの部分のように、音も出さず、
ゆーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっくり動かしながら

指先で弦を押していないか?
接点がずれていっていないか?
指の関節に力が入っていないか?

ひとつひとつの動作を確認しながら、動きを体覚えさせてください!

最初から完成形を目指さないで!
難しいですから、毎日の積み重ねが必要です!
つづく!

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 18 19 20 Next

こばやし二胡教室SHOP

ウェブショップはこちら  ↓↓ http://erhufukui.thebase.in/

二胡に関する記事

奏法やメンテナンスなどの情報記事はこちらにまとめてあります。

→二胡情報一覧

音源