先日の公民館での演奏が


2月3日、豪雪もやっと落ち着いて、久しぶりに訪れた天気の日に行われた
越前北新庄公民館での二胡演奏会。
同公民館の公民館たより2月号にその様子を掲載してくださいました。
北新庄公民館便り
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.city.echizen.lg.jp/office/090/050/110/tayori_d/fil/H23_2.pdf
雪かきがひと段落して、ご来場されたみなさんで
「たいへんでしたね~」
と、やたら共感できた演奏会でした(笑)
ありがとうございました~~

福井カルチャーセンター二胡教室のアー写



アーティスト写真
略して
アー写
3月より開講の福井カルチャーセンター二胡講座の宣伝材料用“アー写真”の撮影を行いました。
撮影といってもシンプルなもの。
どんな感じになったかは、福井カルチャーセンターのWEBサイトをごらんください(笑)
http://www.291cc.jp/
絶賛受講生募集中ですです!!

19日、西藤島公民館にて


今週末の19日、西藤島公民館にて公演をおこないます。
“書”に親しむ会とのことで、
二胡の歴史や楽器の紹介、数曲演奏を行ったあと、
中国のお話の絵本の読み聞かせ&二胡の生伴奏 をお届けします!
コンサートとはちょっとちがった催しです。
はてさて?どんなことになるのやら??
ちょっとしたお茶とお菓子もいただけるそうです。
観覧無料です!
会場:西藤島公民館
開演:13時半~ 休憩挟んで2時間ほど
観覧無料
お問い合わせは、西藤島公民館ホームページ
http://www1.fctv.ne.jp/~nifuji-k/index.html

馬乳酒



先日、ちょっとしたパーティーで「馬乳酒」を頂くことがありました。
二胡 → モンゴル → モンゴルの民の酒文化 → 馬乳酒
てな感じで連想されたそうです。二胡は中国で、モンゴルの民族楽器は馬頭琴ってのは大人のヒ☆ミ☆ツ!
この馬乳酒はアルコール15度ほど。
「マッコリ」に似た感じではありますが、これまた独特の味わい。
馬乳酒っていうと、よく草原に住むモンゴルの人たちが暮らす“パオ”の中で飲まれている映像が記憶にあります。
それは本当に馬の乳を醗酵させただけのもので、アルコール度数も2~3度と低め。
今回僕らが飲んだものはもっと美味しく改良されたものだそうです。
マッコリより、もっとヤクルトに近いというか……うん(笑)
とにかく飲みやすくて危険なお酒でした。とまらんかった…

馬乳酒 龍駒16度

馬乳酒 龍駒16度
価格:1,418円(税込、送料別)

韓国に旅行に行ったときにおどろいたことの一つですが、酒場に入るとなんにも注文しなくてもタライでマッコリがでてくるんですねw

ほんとにしこたま飲んだなー若さゆえ

この旅行ももう7年も前か…時が過ぎるのは早いものですね。

京都まで


京都のホテルで行われた催しに演奏に行ってきました。
ジャスピアニストとジャズボーカリストと、私。
漂うようなジャズの空気に乗って、気持ちよく演奏…
ジャズのナンバーを演奏していたのですが、客席から「シナの夜!!」とリクエストが(笑)
今日もたのしかった!
頂いたホテルの高級カレーも上品美味。付け合わせのラッキョウが最高においしかつた!

明日、リライムさんで二胡デモ演奏を行います。11時半からと14時から。
よかったらおこしください〜

リライムでクラプトン



今日はリライムさんでデモ演奏をやってきました。
ああ~、僕もクラプトンが心に染みる歳になってきたんだなあーとつくづく実感です。
リライムカルチャーでの二胡講座。4月より開講です!
上の動画のように、ほんとにいろんなジャンルの曲を楽しむことができます(笑)
ご興味あります方は是非リライムさんまでお問い合わせください!
http://www.relaim.co.jp/

13日、リライムさんでデモ演奏



いーてんきですねえ~
逆に今、大阪や東京が積もっているとかいうじゃないですか。
ツイッターで都会の人がヒーヒー言ってて大変そう…
福井もまた降るらしいですが、この間の豪雪(上写真)ほどじゃないでしょうね。
   **********
寒い時はあったかいお風呂に限る!!!!
13日、リライムさんで二胡の演奏を行います。
 13日(日)エントランスホールにて。
 時間は11時30分~、14時~です。
リライム市もやってます!楽しんでご鑑賞いただけますよ。
リライム市と二胡鑑賞だけならば無料です。
でもきっと、リライムのお風呂にはいりたくなるなる……???
http://www.relaim.co.jp/
ちょっと変わった演目かも?エリッククラプトンとかさだまさしとか…
そのへんもお楽しみに!!

二胡専門誌発刊!



ついにきましたね~なんとなんと二胡専門誌が発刊されるそうです!
二胡愛好家による二胡愛好家のための雑誌「二胡之友」!
創刊準備号がとどきました。
気になる内容をみてみましょう…
【フリースタイル・アナリーゼ】
二胡の曲を独自の視点で分析!
二胡の名曲を習っても、それがどんな背景をもっているかという情報はなかなか手に入らないもの。
勝手な分析、とは著者談ですが、音符からは伝わらない曲の情報を読めるというのはうれしいですね。
【中国音楽最新情報】
二胡を中心とした民族音楽情報のコーナー。
日本にいながらにして本場の空気を感じることができそうです。
【二胡研究室】
日本人の二胡製作者・西野和宏さんによる、二胡という楽器の構造についての技術的な連載。
なんとなく触れていた二胡のこと、よく知れそうです。
【オリジナルガイド付き楽譜】
ちょっとしたアドバイス付きの楽譜。
創刊準備号には「天には栄え」という賛美歌の譜面がついてます。
他にも、台湾の著名演奏家・蕭白鏞のインタビューなどの掲載予告。
こんな人です↓↓

あとは、コンサート情報や二胡教室情報など。
(こばやし二胡教室ものせてもらってます!!!)
この創刊準備号は無料ですが、春から本格創刊されるそうです。
この創刊準備号についている用紙で講読を申し込む形式。
1冊840円と専門誌価格ですが、読み応えありそうですね!
創刊準備号、こばやし二胡教室でも配布中です。無料ですよww!
お気軽にお問い合わせください~~

右手のピチカート その3 外弦ピチカート


弓を持つ方の手で行うピチカートあれこれ。
<その1><その2>とみてきましたが、今回はいよいよ使いどころの難しいテクニックを紹介します^^;。


なんと外弦をピチカート

弓を持つ側の手でおこなうピチカートは内弦がほとんどですが、今回は右手で行う外弦ピチカートのやり方です。

内弦に毛を当ててミュートするため、弓を持ったまま行います。
 

やり方!

 
①弓の毛の手首側で、内弦をぎゅっと押さえます。
外弦が完全に自由になっていないといい音しないので、毛が外弦に当たらないように注意です。

②右手一指し指で外弦を弾きます。
この場合は手首を使えないので、指の関節をしなやかに使って外弦のみを弾いてください。

左手で普通に押弦することで音程を変えることもできます。

いかがですか?右手の外弦ピチカート。
ここまでくるといよいよ使い道にこまります(笑)

僕もこの曲でしか使ってるのみたことありません…
↓↓1:33あたり

 

二胡のピチカートいろいろ

二胡で使われるピチカートあれこれを見てきました。
二胡には指板がなく弦がちゅうぶらりんの状態ではじくのでバイオリンと違って開放弦以外は音が伸びません…
でも使い方次第でいろんな遊びができると思います。
ぜひ活用してみてくださいね!!

Pages: Prev 1 2 3 ... 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 Next

二胡の魅力を超自分視点で紹介します!