» つれづれのブログ記事


二胡をぶつけちゃった!

なんてことになって、一部がポロっと取れてしまうことはよくあります。

20121110-221442.jpg
写真は、糸巻の模様のところ、木と牛骨?の接着面がはがれてしまった事故。修理NOWです。

接着面でのはがれ、はよくあることです。
ぶつけたりしなくても、気がつくと取れてることもあります。木も骨も呼吸をして伸び縮みしますから、接着剤が耐えきれなくなった、ということが考えられます。

木が裂けたり割れたりすると、ちょっと面倒ですが、ポロっととれた場合は、残った接着剤を削り取って再接着でほぼ元どおり。

それでも、一度ポロっととれてしまったら、再接着しても強度は弱くなってしまうようです。再度そうならないように、丁寧に楽器を扱うようにしましょう。

さて、修理も完了!
本日はここまで。お疲れ様でした〜
20121110-221455.jpg


今日はすこぶる体調が悪く、ブログの更新をお休みさせていただきます。

また明日から、毎日更新がんばるぞ!

おやすみなさい〜


南アジアに位置するブータン王国。
2011年に新婚のブータン国王夫妻が来日され話題になりました。

<幸福の国・ブータン>を紹介する施設が<日本一幸福度の高い町・福井>に登場します。
そのオープニングイベントで福井の人がブータンの楽器を演奏するコーナーがあり、そこに僕も参加させてもらうことになりました。
その催しについてはまたお知らせします。

今日のブログでは、その日の演奏で使うのに情報が足りなくて困っていた楽器【ダムニェン】の情報について教わったのでメモ書きしておきます。共演者のためにも^^;。

唐突ですいません。


ダムニェンとは

チベットを中心に使われている發弦楽器。
ブータンでも同じ構造のものが使われています。

装飾がとてもきれいですね。
バンジョーのように、鹿や蛇の皮が張ってあります。
ネックも途中で別の材を継いで作ってあるそうです。

指で押さえるところは模様のない部分だけ。フレットのようなものはありません。

そして、立派な龍の彫り物!

見事です!
ブータンは龍の国とも言われ、東日本大震災後に来日されたときにも、龍の話をされたそうです。
リンク・「龍のお話」ブータン国王が日本に残した深イイ話・メッセージ

二胡にも龍の彫り物をあしらったものがありますが、遥かに主張が強いです。
また、ちょっとしたことで壊れそうな感じも満載です^^;。

演奏は、木で作った撥を使います。

結構使いやすいです。紐で楽器本体とつながっています。
失くさないように…でしょうか?

チューニング

3コース、7本の弦が張ってあります。

現在使われる弦は、なんとバドミントンのラケットのガットだそうです。
7本とも同じ太さのものを使います。

ダムニェンのレギュラーチューニングはこんな感じだそうです。

楽器を立てて、左から
A2(2本) / D3(3本) / G2(2本) 

*A、D、Gの横の数字はオクターブです。数字が1つ多いと1オクターブ高い音ということになります。
TASCAM TC-8など、オクターブ表示をしてくれるチューナーもあります。

中央の弦が一番高いとは、なんとも不思議なチューニングです。
また、中央の3本のうち1本は共鳴弦だそうで、5弦バンジョーのように竿の途中からでてきています。

また、7弦ありますが基本3コースということで、2本/3本/2本ずつ同時にピッキングしていきます。
マンドリンや12弦ギターのようなものです。

ですが、弦の間が離れているので、トレモロ演奏の時にはダウンピッキングとアップピッキングで別の弦を弾くようなテクニックもあるそうです。

今回のイベントでは、Gの音を1オクターブ高く調弦して、ギターに近い感覚で弾けるようにしよう、ということになりました。

ブータンミュージアム

2012年11月17日、福井駅前に「ブータンミュージアム」がオープンします。
そのオープニングレセプションで、数曲ブータンの曲をブータンの楽器で演奏する予定です。
僕は、ブータンの胡弓【ピュアン】を担当。こちらもまた紹介しますね。

運営されるNPO法人・幸福の国 ホームページ
http://bhutan-npo.asia/

オープンした際にはぜひお立ち寄りください。


11月ですねえヘッヘッヘ…( ̄ー ̄)ニヤリ
ちょっと高い雑誌ですが、AcousticGuitarMAGAZIN買っちゃいました。

目的は、この号に掲載されているTommy Emmnanuelの「アンジェリーナ」の楽譜が見たかったから。
2小節目で既に高すぎる壁にへこたれましたが…

二胡ではないジャンルの音楽にふれることは、とても刺激になりますよ。


おすすめ雑誌

でも、二胡にしか興味はない!そんなあなたに、ためしに読んでほしい雑誌。

バイオリン系楽器の専門雑誌、サラサーテをお勧めします。

クラシックな文化の雑誌、サラサーテ。
隔月発行で、時間をかけた内容を読むことができます。
日本はバイオリンなど西洋音楽のレベルが高いですから、そういった読者が満足できる内容をもっています。

演奏技術の解説や音楽との向き合い方、楽曲の解釈の仕方。
演奏者のちょっとしたコラムにも、深みを感じることができます。
付録の楽譜もクオリティ高いです。二胡で弾くには工夫が必要ですが…。

雑誌ですから、初心者でも楽しめる工夫が満載。
弦楽器を嗜む人が読むなら、いくつかためになる情報を得ることができるのではないでしょうか。

僕も一時期毎号購入していました。
その座をアコギマガジンが奪っていったのです…

さてアンジェリーナ

楽譜を手に入れてノリノリです。
しばらくしたら、これが弾けるようになっている…

はずです!!(゚∀。)ワヒャヒャヒャヒャヒャヒャ


今日も過去記事更新っす。


人工ハーモニクス。できる?僕は無理

 
 ●二胡で人工ハーモニクス

 ●ハーモニクスでチューリップを弾いてみよう

むつかしーよー


過去記事更新です。…ちょっと今日は手抜きすいません^^;


ハーモニクスの項へ

 ●二胡で自然ハーモニクス

今日はこれだけ。ごめんなさい。
みんな、ハーモニクスしてるかい!!!


二胡の底にはなにがしか滑り止めをつけると、演奏しやすくなります。

参考リンク↓
●二胡にすべりどめ

…という話をレッスンのときにしたら、ある生徒さんが、なんと粗い紙ヤスリを両面テープで貼ってきました!
これには驚き^^;

でもさすが、ビタッと止まります。これも手ですね~


過去記事を更新しました。


スピッカートの項

 ●二胡・跳弓(スピッカート)のやりかた

 ●二胡のスピッカート練習曲


お盆です!宣伝です(笑)

みんなのコミュニティリゾート・リライム。

こちらのカルチャー講座で、小林は火曜昼と木曜夜に二胡講座を受け持たせてもらっています。
新規入会募集中です!

リライムカルチャー二胡講座

・月3回
火曜14時半~16時
木曜19時半~21時

の二つのクラスがあります。楽しい仲間と毎回愉快レッスンしております^^。
初心者歓迎ですので、お気軽に。
お申し込み・お問い合わせはリライムさんまでお願いします!

コミュニティリゾート・リライム
電話:0776-52-5400


福井駅前放送会館5Fにある、福井カルチャーセンター。
こちらで火曜日に二胡講座を受け持ってきましたが、9月より新たに木曜日の講座を開くことになりました

やさしい二胡入門

9月6日より、月3回、木曜15時~16時半の講座です。
初心者の方を対象に、楽しく音楽する方法を学びます。
ご興味のある方は福井カルチャーセンターまでご連絡ください!

詳しくは、福井カルチャーセンターのレジュメをご覧ください!
↓↓
http://www.291cc.jp/pdf/erhu-moku.pdf

●福井カルチャーセンター ホームページ
http://www.291cc.jp/

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 22 23 24 Next

こばやし二胡教室SHOP

ウェブショップはこちら  ↓↓ http://erhufukui.thebase.in/

二胡に関する記事

奏法やメンテナンスなどの情報記事はこちらにまとめてあります。

→二胡情報一覧

音源