IMG_4463

二胡キャリングバッグ・NKB-03
こちらをレビューしてみようと思います。



キャリングバッグ

【二胡キャリングバッグ】と題されたこのケース。

セミハードケース と ソフトケース のいいとこどりをしたような、
軽量で安心感のあるケースとなっています。

IMG_4467

極厚のスポンジで楽器を包む仕組み。
ケース自体はカッチリ長方形となる芯がはいっていて、セミハードケースのような軽さと取りまわし易い工夫が施されています。

IMG_4466

二胡が入るところはあまりガバっとは開きません。耐久性を考慮してでしょうか。
蝶番で真っ二つになるケースになれてるとすこし戸惑いますが、なれでしょう。
側面、底面のスポンジが厚くていい感じです。

二胡の大きさには多少の差があります
一般的なセミハードケースだと、大きめの作りの二胡が入らなかったりしますが、このNKB-03は小林の手元にある大きめ二胡はすべて入りました。

ただ、龍頭やその他の形状の二胡の場合は、入るかどうか試してみないとわからないです。

持ち手

IMG_4465
ケース上部の持ち手!これは高ポイントです!!

IMG_4464
リュック式となっています。方にやさしいつくりになっているし、なによりケース自体が軽いので、背負っても負担になりにくいと思います。
リュックのステーはそれぞれ取り外すこともできます。

IMG_4469
地面と接するところにはゴム足がついてます。

IMG_4468
松脂や小物を入れるには十分な小物入れ。
チャックの閉まる方向にご注目!
この方向だと、ケースを立てた状態でも小物の出し入れができます。
案外逆方向についてるケース、多いんですよね。

軽い!

IMG_4471
小林が普段使ってるペラペラソフトケースとならべて。
肉厚スポンジながらスリムな外形で、取り扱いやすそうなケース。

ハードケースみたいに、上に物を積んでも安心…ではないです。
特に蓋になる面(小物入れがついてる面)はスポンジも薄めです。

キャリングバックの名にふさわしい、ガンガン持ち歩くのにぴったりな軽くて安心のケースでした。

ちなみに、赤、黒、ブラウンとあります。
この記事の赤いケースの色、ピンクっぽくもみえますが、実際は写真の赤よりももっと深い赤です。
ナイロン生地でテカテカしたものではありませんでした。

コメント & トラックバック

No comments yet.

コメントする

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

こばやし二胡教室SHOP

ウェブショップはこちら  ↓↓ http://erhufukui.thebase.in/

二胡に関する記事

奏法やメンテナンスなどの情報記事はこちらにまとめてあります。

→二胡情報一覧

音源