弓の持ち方


yuminomotikata
バイオリンなど弓で弾く楽器では、
その感情表現の9割が弓の動きにかかっていると言われています。

弓を無理なくおおらかに扱えるために、
キレイな持ち方を身につけましょう。


二胡・弓を持つ形

yuminomotikata

人差し指の付け根の上に弓を置き、その上に親指がかぶせます。
親指の腹を「竹」の上に。
中指、薬指は指先で毛束を押せるように置きます。

「竹」を親指で支え、中指薬指で「毛」を押して、弓を十分に広げられるように持ちます。

小指、人差し指は特にすることがありません。
人差し指は竹にそっと添えておきます。

弓を持つ場所

好きなところでいいんですが(笑)
よく分からない最初のうちの目安としては、

●上記の持ち方の形で、薬指が「毛束を覆うゴム」と「毛」の境目にくるように

または、

●上記の持ち方の形で、親指が↓図のところにくるように
oyayubinobasyo
弓の竹は持ち手のあたりで2箇所曲げられています。
その内側の方の曲がり角です。

これは目安です。
どちらかが満たされていれば、とりあえずOKとして練習をはじめましょう。
ゴムの長さや、竹の曲がっている箇所など、弓によりけりですから。

ただ、力を抜いて運弓していくと、弓の端の方に手首が滑っていくこともあると思います。
そんなときは自分の持ち場所にちゃんともどして、再び練習です。

持つ場所による影響は?

弓の持つ場所は、
中側の方にいくほど扱い易くなる
傾向があるので、あまり端っこを持たないように注意します。
中指・薬指が毛の上に乗っても問題ありません。

もちろん、持つ位置が中側なるほど弓の長さを生かせなくなるので、ほどほどに。

力を抜いて練習していくわけですが、力が抜けているからこそ、
持ち位置が端の方へずれていくことは多いです。

持ち位置がずれない程度の力、正しい持ち方が崩れない程度の力は
必要な力。そういう“必要な力”のことを技術と呼ぶのかもしれませんねえ。

少し慣れたら、いろいろな場所を持ってみて、自分的にイイポイントを見つけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.