「移動ド」で書かれる数字譜と五線譜との違いを見てみましょう。

数字譜では数字が音を表します。
12345671
が音階をあらわしています。
→関連URL
http://erhufukui.linkulblog.net/e120063.html
…これ、どこかで見たことありませんか?
そうです!音程を表す”度数”です!(ムリヤリ…)
→関連URL
http://erhufukui.linkulblog.net/e119727.html
一般的な数字譜の音階は長音階を表すので、
1=音階の主音
2=主音から長2度離れた音
3=主音から長3度離れた音   
4=主音から完全4度離れた音
5=主音から完全5度離れた音
6=主音から長6度離れた音
7=主音から長7度離れた音
数字譜の数字(音符)は上のような意味になってます。
数字譜の音符は、
「オマエは、オレ(主音)からこれだけ離れた音なっ!
オレ(主音)が移動したら、お前もオレとの距離を保ってついてこいよ!!」

という役割をになっているって感じです。
音符は、五線譜では
<♪←この音は*(実音)である。>
という絶対値を指しています。
数字譜では、
<4←主音から完全4度離れた音である。(実際の音は主音による)>
と、主音からの相対的な音程を表しているんですね。
この違いは、五線譜、数字譜の得意分野を明確にします。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

こばやし二胡教室SHOP

ウェブショップはこちら  ↓↓ http://erhufukui.thebase.in/

二胡に関する記事

奏法やメンテナンスなどの情報記事はこちらにまとめてあります。

→二胡情報一覧

音源