二胡・跳弓(スピッカート)のやりかた


賽馬などで見られる、弓を跳ねさせてリズミカルな演奏をする技、跳弓
西洋ではスピッカートと言うそうです。

あまり出番はないけど…跳弓にチャレンジ!


小林式跳弓のやり方

僕の跳弓のやり方を動画にしてみました。

超ざっくりした説明ですし、演奏家ごとにやり方が違うと思うので、あくまでご参考まで。

ポイントは?

・弓の「竹」と「毛」が上下の関係になるように手首を上げます。
 手首関節を、弓を持っている右手親指が上を向くくらいあげます。

・右手で毛をしっかり張ります。
 毛の弾力を利用して演奏します。

・右手首を回転させて、弓を上下させます。 
 まず、弓の上下だけの運動からやってみましょう。右手首だけの仕事です。
 右腕全体で上下させない、というのが小林的理想。なかなか難しいですが…
 下ろした時、二胡の胴に弓の毛が当たるわけですが、毛の弾力で弓が「ボヨヨ~ン」となるのを感じてください。 

・横の動きを加えて音を出す。
 跳弓で弓の引く方向は多くの場合、弓が上がるときが「引き」、おろすときが「押し」です。
 (もちろん曲によります)
 横方向の動きは腕全体で。
 歯切れのよい音になるように!
 
弓の中心からすこし先の方がやりやすいのではと思います。
トリッキーな技なので見た目を派手に魅せるのもアリですが、技の基礎としては、できるだけ弓が“暴れ”ないようなシンプルなやり方を探ってください!

参考にした動画

僕が跳弓のやり方の参考にしたのはこの動画です。↓

んにゃ~名演ですね~

跳弓は1分4秒くらいからやってはります。跳弓の始めのほう、ほとんど右腕が動いてないです。
このシンプルな動きが基本だと思います。

後半は音量をあげていくため、横の動きの幅をとっているんですね。

この動きに馴れてきたら…
この練習曲をやってみましょう!
 ↓↓↓↓↓↓↓↓

 →●二胡のスピッカート練習曲

「二胡・跳弓(スピッカート)のやりかた」への2件のフィードバック

  1. 右手にすごく力が入るので、休み休み練習してくださいね。
    ま、使えるようになったとて、そうそう出番はありませんが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.