二胡・千斤のまき方


千斤は、
内外弦をまとめ、
開放弦の位置を決め、
弦の振動を整える大切な部品です。

僕は糸千斤を使っています。特殊なまき方をしていることが多いので、今回は千斤のまき方にチャレンジしましょう。
(釣りをしている人には有名なまき方だと聞いたことがあります)


結び目を作らない

以下の動画も参考にしてください。

これは下から上に向かって巻いてますね。

巻き具合

千斤の材質によって、弦にまく回数を調整してみてください。

開放弦を弾いてみて、とても金属的な音がするようだったら千斤の弦にまく回数を増やしてみたり。

厚い蛇皮の新品の二胡で全然鳴らない…なんて時には巻く回数を少なくすることを試したりしています。

千斤の交換なんてそうそうやることではないので上手にできないかもしれませんが、やはり紐の千斤はゆるみが生まれるので時々まきなおしてやるといいと思います。

うまくできなかったら小林二胡教室へお問い合わせください…(^-^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.