ハーモニクスでチューリップを弾いてみよう


ニ胡のハーモニクスについて見てきました。

 ●ニ胡で自然ハーモニクス
   
 ●ニ胡で人工ハーモニクス
  
…むつかしいですね…
めったに使わないこのテクニックを使って、折角なので一曲演奏してみましょう。


ハーモニクスでチューリップを弾いてみようぜ!

 →楽譜はこちらをクリック!「ハーモニクスでチューリップ」

【ポイント】
D調ですが、特殊な運指となります。
D調第二ポジションからはじまり、最後の行のはじめ二小節だけ半音低いポジションになります。
人工ハーモニクスは「6」だけ。

どーのーはーなー 
みーてー       ←この音が人工ハーモニクス!!
もー

あとは↓この記事にある自然ハーモニクス音程表をご参照ください。
 ●ニ胡で自然ハーモニクス

楽譜にはどう書くの?

人工ハーモニクスは、楽譜上は

asfafaffhjseor0

こんな書き方をします。

指番号が二つあるところで、人工ハーモニクスだとわかります。
難しいですが、ぜひチャレンジしてみてください。

まあ、ハーモニクスなんてそうそう使う機会ないでしょうけれども…
僕もそうです。上の動画も何度も撮りなおしました…
ムツカシイっちゅーの んなろー

ちなみに、ハーモニクスは
中国語では「透音」
バイオリンの世界では「フラジオレット」
なんて呼ばれたりもします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.