THOMASTIK・トマスティークの二胡弦を使ってみた!


2312212225118887

ちょいとMY二胡を調整。レコーディングのお仕事をいただいたこともあり、兼ねてから使ってみたかった高級二胡弦を張ってみました。

「THOMASTIK」というブランドの二胡弦。日本で手に入る二胡弦としてはかなりの高級品。
はてさて、その実力はいかに…??


トマスティーク社

オーストリアの弦メーカー・THOMASTIK社。
様々な弦楽器で培ったノウハウを詰め込んだ、ハイクオリティな弦です。

gthyjjyjkuk8lw11
かっこいいブリスターパッケージに入っている内外弦。

それぞれの弦は紙袋に入っていますが、弦がはだかの状態で入っています。
11112121lplp1l

弦は保護のためナイロンの袋に入っていることが多いです。
頑丈なパッケージに入っているからでしょうか。
弦にサビなどはありませんでした。

高級弦らしく、弦の両端の処理(編んである部分)がとてもしっかりしています。

弾いてみた

高級弦らしく、低雑音で高音も良く出てくれます。

僕は1000円程度の弦を愛用していますが、そういった安価な弦にある「ギラギラ」した感じはなく、とても滑らかで落ち着いた音色です。
その音色のまろやかさという点で、値段相応のクオリティを感じます。

よく言われることのようですが、クラシカルな高貴な音色になりますが、民族的ないい意味での雑さ、力強さはないかなあという感じ。

いわゆる日本で言われる“癒しの二胡”のイメージに近いかも。
ずっと弾いていて疲れない音色です。

演奏の時は多少トゲがある音の方が、自分に対してハッタリが効く、というのが小林感覚なので、これはレコーディング向けって感じだな。

せっかくいい弦張ったし、がんばって録音に演奏、がんばるぞ!

「THOMASTIK・トマスティークの二胡弦を使ってみた!」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.