龍頭いろいろ


新しく二胡を入荷。

珍しく、「龍頭」仕様のものを入れてみました。
龍頭とは、文字通り二胡の上部に龍の彫り物が入っているもの。

久しぶりにみたけど、立派なものです。


ばーーーん!
adfhe13jsdf1

迫力あります!

僕は二胡の龍頭の彫り物のデザインは2種類ほどしか見たこと無いです。
他に鳥っぽいのとか、謎のグロテスクなものとか、四角でカクカクしたものとか、いろいろあります。

このタイプの龍頭は、口に“玉”をくわえているんですよね。

adfhe13jsdf4

これ、玉を後から入れたのではなく、彫って行く過程で口の中で玉を彫ったのではないかと思います。

口の中で、玉は僅かですがカラカラと自由に動くんです!
口と玉は切り離されています。

ググって見ると、こういうトリッキーな造詣のことを「ホイットリング」と言うようです。

昔木彫り体験教室みたいなので、「輪のついたスプーン」を1本の木から削り出したのを思い出しました。

下手すると、周りがポキッと折れちゃうわけですね。
すげー

●リンク・奇想物体とホイットリング(Whymseys And Whittling)
http://galleryimpossible.com/WoodChainETC.htm

そうでないのもあった

同じようなデザインの別の龍頭二胡。
adfhe13jsdf2

うむ、凛々しい。

先の赤い龍頭二胡はけっこう高級品です。目は別種の木材が使われていたりしていました。

こっちの黒い龍頭二胡はとてもリーズナブルなもの。
見た目のデザインは同じですが、目も同じ木から掘り出したものですね。

そして、こちらのリーズナブル龍頭二胡は玉を加えていませんでした
adfhe13jsdf3

わかりにくいですが、玉はなく、上あごと下あごは地味につながっていました。
いろんなグレードがあるんでしょうか。

音色とは別の楽しみとして、二胡の頭のデザインも面白いですね~


↑この本の表紙のペンダントもホイットリングですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください