講演「廃炉と地域社会 ヨーロッパからの報告」



↑クリックするとPDFが表示されます。

原発問題。

福井に住む私たちにとって、とても深く大きな問題です。
今回の講演では、原発の良し悪しではなく、ヨーロッパにおける「廃炉」の現状をメディアの方に語っていただく、という主旨のようです。

講演に先立って“こばとさんご”で演奏をさせていただきます。
多くの方に聞いていただき、自分自身の意見を形作る参考になればと思います。

詳細

第2回 ”tadabito”の会 講演会
廃炉と地域社会 ヨーロッパからの報告

【講演内容】
欧米諸国では、老朽化や採算性の低い原発の廃炉作業が進んでいる。原子炉の解体とは、どのくらいの期間をかけ、どのように進められるのか、また地域経済は大きな変容を迫られるのか。原発に対する賛否は別として、廃炉は避けて通れない道です。廃炉先進国を取材した新聞記者の目を通して、お話を伺います

→チラシのPDFファイルはこちら

日 時:  平成24年7月7日 13:00開場 
会 場: ユーアイふくい 3階映像ホール(定員130名)( 福井市下六条町14-1 )
講師:山田 理恵(朝日新聞社)
参加費:  500円 (他 カンパ歓迎)

主 催:  ただ人の会 ”tadabito”※ 福井駅前からフレンドリーバス(無料)が30分間隔でています。

【タイムスケジュール】
13:30~14:00 “こばとさんご”による演奏
14:00 ~16:00 講演 
16:00 ~16:30  意見交換

お時間あります方はぜひお越しください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください