木軸糸巻きを作りました。


「折れてもうた~~」
生徒さんから、まさかの留守電…
二胡の糸巻きをへし折ってしまった!これは面倒な故障です~~
興奮で写真もボケてますw。


折れた糸巻きは修理できる?

上の写真のように、折れた木軸糸巻きの修理をやったことは以前にもあります。

接着材でくっつけたり、接木をしてみたり、芯を通してみたり…
いろいろな方法を試しましたが、どれもしばらくしたらまた折れてしまいました…。

鉄弦の張力はかなりの力がかかっています。

これはかなり深刻な故障なんです。
糸巻きは大切に扱いましょう!

今回の場合、この楽器自体安価なものだったこともあり、簡単に糸巻きを自作することになりました。

ホームセンターで


買ってきたのは“米ヒバ”という木の丸材。直径24mmのもの。

これを、無事なほうの糸巻きと長さを合わせ、あたりをつけて…


ひたすら削っていきます。
そう、ただひたすら…
ナイフと紙ヤスリだけでの作業。けっこう大変でした…

作業場(台所)にはヒバのいい香りが漂いましたww。

完成!


こんな感じに!

太くて握りやすいし、しっかり止まります!機能面では問題なし。


塗装してある楽器なので、一応赤く塗って完成!細かいことは気にしないでください…

職人技の装飾は入れられませんが、自分で作ったものにはやはり愛情が芽生えますね。

もう折らないでね!けっこう大変な作業だったんだからっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.