台座のネジ穴がバカになったら…


tyonhu image

先日故障した中胡を修理しました。
症状は僕にとってあまり経験のないケースで、

台座を止める木ネジの受け穴がバカになる

というものでした。

repair image
音窓をはずして二胡の胴をのぞくと、
こんな感じで木ネジの頭がちょっとだけでてると思います。

この穴がおおきくなっちゃったんですね。 
木ネジが止まっていられず、台座が外れてしまいます。

結束バンドで胴と台座を固めて使っていましたが、しばらく使わないので修理開始!


とりあえずバラバラに…

repair image

しました(´ー`)y-~~
さて、症状の確認~と。

repair image
台座を外して、ネジだけ差し込んであります。

こんな場合、この穴をいったん埋めてもう一度木ネジを差込み直す…
と、なるんでしょうが…

ボルトとナットで!

repair image

木ネジを使わず、ボルトとナットで締めることにしましたw。

もともとあった木ネジのサイズのドリルで胴の穴を広げちゃいます。
そしてホームセンターでネジとナット、ワッシャーのセットを買ってきて終了!

弦の張力とバネワッシャーでけっこうしっかり止まりそうです。

再組立して弾きましたが、支障はなし。
これで中胡も復活です!

ネジ穴がバカになったら、この方法、簡単ですよ~
胴にドリルを刺すのはちょっと勇気がいりますが……

「台座のネジ穴がバカになったら…」への2件のフィードバック

  1. 研究熱心さに、感心です。
    勉強させていただいております。

    リンク変更しておきましたm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください