りゅーーーーてーーーん   渇っ!!!

みんなでやろう!劉天華の練習曲です。


練習三十四

楽譜は↓の「練習三十四」です。
http://erhufukui.main.jp/wp-content/uploads/34-36.pdf

*メトロノームは十六分音符で数えています。

楽譜上の「tr.」はトリルのこと。

主旋律を抑えている指を押さえたまま、ひとつ上の音を押さえたり離したり…を細かく連続させて
タリラリラリラリラリラリ…という効果を出すものです。

動画のお兄さんもずいぶん苦戦していますね(涙)

ビブラートもそうですが、長いトリルの大切なところは、音の波がキレイにそろっていること。

この完成形だけをみて、力任せにアータタタタタタタタ!とやると、音の波が汚いばかりか弦を押しすぎてしまったり、運弓がつられてしまったりしてしまいます。

トリルやビブラートは、早さよりも“キレイさ”のほうが100倍大切です。

ゆっくりから、美しくそろった波を楽に弾ける練習をする必要があります。
そのための練習法の一例を、次回の記事にあげてみますね。

コメント & トラックバック

No comments yet.

コメントする

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

こばやし二胡教室SHOP

ウェブショップはこちら  ↓↓ http://erhufukui.thebase.in/

二胡に関する記事

奏法やメンテナンスなどの情報記事はこちらにまとめてあります。

→二胡情報一覧

音源