楽器をもっているときだけが練習時間じゃありませんぜ、奥さん!
チャンスがあればいつだって練習時間になるってもんです!

修得が難しいビブラートの練習。僕が練習時間以外に行っている方法をひとつ紹介します。


安全第一

この日は、ちょっといい車に乗せてもらってドライブ。
app-058238400s1309659592

ハンドルって、ちょうど二胡の竿-弦くらいの太さがあるとおもいませんか?
僕は運転中、ラジオの音楽をメトロノーム替りにして左手はハンドルでビブラート練習してます。

押してー
app-087241000s1309660779

引いてー
app-054692600s1309660736

ビブラートの動きがハンドル操作に影響を与えないように。修練の結果、ちょっとしたカーブはビブラートしながら曲がれるようになりました。

ビブラートの練習のコツは
”ゆっくりゆっくりしょっちゅうやる”
ことだとおもっています。
少しでも機会を見つけて練習してましょう!!
でももちろん安全運転で!!!!!!

※これを実践して事故などがおきても当ブログは一切の責任を負いません。
自己責任でおねがいします。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

私の練習方法と一緒でビックリ!!!しています

二胡初めて2年目頃から 独学で
ビブラートの訓練を始めました

運転することが多く、ハンドルでやってみたらうまくできるようになりました。初めは早いビブラートしかできなかったけど
いまでは かなりゆっくりのビブラートできるようになりました

毎日 二胡の曲聞きながら
ビブラートの所 まねして 入れながら運転しています

ただここのところ、
燭影揺紅の練習しすぎて 中指がグキグキするので
運転ビブラート訓練は ほどほどにしていますが

いやー 本当に感動

高野様

おおー!身近なものを利用しようとおもうと、こうなりますよね!
危険をおかしてはいけないですが…
積み重ね、大切ですね。体を壊さない範囲で練習楽しんでいきましょう!

Comment feed

コメントする

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

こばやし二胡教室SHOP

ウェブショップはこちら  ↓↓ http://erhufukui.thebase.in/

二胡に関する記事

奏法やメンテナンスなどの情報記事はこちらにまとめてあります。

→二胡情報一覧

音源