二胡・音の終わりの処理


弓は真っ直ぐ運ぶのが基本です。
でも、曲の終わりなどで、最後の音をキレイにフェードアウトさせたいのに、
真っ直ぐ弾くだけでは、なかなか細かい雑音がまざってキレイに終われない…涙
てなことはありませんか?
音の終わりをすうっとフェードアウトさせたいとき
また、スパッと切るような音の終わりにしたいとき

弓の運びの一例を紹介します。


ふわっと


音がなくなる瞬間に弓を”フッ”と持ち上げます

ポイントは、「音が消える瞬間」に「突然ふわっと」右手首が浮き上がる感触です。

弓は胴の上に乗せたまま弾かないといい音がしない→弓が浮くと音がみるみる軽くなる、という現象を利用します。

弓を運びながら徐々に持ち上げてはだめです。
弓が上がりだしたらもう弦への圧力は開放しています。

弓を持ち上げるといっても右手側だけで、弓先は二胡の胴体にのったままです。

いろいろやってみて、感触を掴んでみてください。
この動画では長い音のフェードアウトをやっていますが、
音を短く切り上げるときにも頻繁に使えます。

いろいろな演奏を見てみると、音の終わりで弓を持ち上げる動作が見れますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.