調弦。
ギア式で弦の外れない金属軸の二胡ならば簡単ですが、
木軸の二胡はこの調弦が一仕事です。
調弦ができないと練習もなにもできないわけですが、むつかしいんです。
木軸は竿の穴にささっているだけなので、油断すると糸巻きが竿から抜けて
弦がはずれてしまうんです(涙)
また、あってるのかどうか分からなくて糸巻きをまわしているうちに弦を張りすぎて
切ってしまったり。悲しい出来事です。
二胡の糸巻きはまわりにくいです。
糸巻きが抜けないように親指を竿にかけて、
回りやすいところまで少し糸巻きを“抜いて”調弦し、
音程があう最後の瞬間にギュっと押し込む…
といった流れが身に付くと、とても狂いにくい調弦ができます。
弦をあわせても、すぐに大きく狂っていく~
という人は、糸巻きの押し込みが足りないのかも。

調弦にはチューナーは必須です!


業界No.1のインターネット楽器販売専門サイト石橋楽器店!

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

こばやし二胡教室SHOP

ウェブショップはこちら  ↓↓ http://erhufukui.thebase.in/

二胡に関する記事

奏法やメンテナンスなどの情報記事はこちらにまとめてあります。

→二胡情報一覧

音源