二胡の持ち方・左手6 小指の動きの注意点 その2


左手小指がとどかな~い。
そんなあなたへのチェックポイント第2弾。


【正解】やはり手の平

小指は他の人・中・薬指とはちがって、手の平を大きく開いて寝かせ、小指を運んでいきます

小林的正解の手の平の動きを、ちょっと大袈裟にわかりやすく、指を開いた状態でやってみます。

↓これは、人・中・薬指を使うときの手の平の状態。

これが、小指を使うときは↓のようになります。

手をしっかり「パー!」にして、寝かせます。
手の平がちゃんと開いていれば、小指はかなり下まで届くはずです。

【誤り】手の平曲げてない?

「うそだ!全然とどかないぞ!」という方は、

手の平を折り曲げていませんか?

こんなふうに。

わかりにくいですね。二胡なしでやってみると

こんなふう。手の平を折り曲げて、ムリヤリ小指を下方向へ押し出そうとしています。
これではちょっと届かないですね。

これは、親指で竿を握ってたり、小指だけに意識が集中しすぎるとこうなります。
すごい力が入っているはず。これでは手も痛みます^^;。

そもそも左手のフォームが悪くて楽器の安定が不十分で、それで親指で竿を握ってしまうことが原因かもしれませんので、単に「手の平折り曲げないぞ」と思ってもなかなか治らなかったりします。

まちがったフォームになるにはその原因があるはず。しっかり原因を突き止めて根本治療することが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.