クリップチューナー・Elioth T7


Eliothというコストパフォーマンスの高い楽器を販売しているブランドのクリップチューナーを購入してみました。

なんせ980円ですよ!送料込みですよ!

最近のクリップチューナーは安くても使えるものが多いので、これにも二胡期待してレビューしてみましょう!!

大画面で見やすい表示

見やすいです!
音程があったときは緑色に表示が変わってお知らせしてくれます。

音程メーターは
上→音程高い
下→音程低い
となっています。

また、「♭」を表示する機能はないようなので、
E♭は「D#」、B♭は「A#」などと表示されます。

裏。
クリップとチューナー部をつなぐステーは3箇所が可動。
特にチューナー基部の回転方向の可動部はラッチ式になってて、
「カチッ、カチッ」
と動いてくれるので角度の安定感もありそう。

ステーがちょっと華奢なのが気になります。
前のクリップチューナーも踏んづけてすぐ壊しちゃったもんで…^^;

横から。
OFF – clip – mic とスイッチがあります。

クリップ部は絶妙のサイズ。ゴムの質感もしっかりしてていい感じです。

さて、二胡に取り付けてみませう

よくクリップチューナーを取り付ける、千斤の少し上につけてみました。

これがですね…普通に取り付けたら画面が正面向いてくれません…
上の写真くらいの角度だと、すごく液晶が見えにくい…。

あ、こうすればいい感じでこちらに向きますね。
torituke image

また、二胡は弦を下にいくほど音程が高くなりますが、
このチューナーは音程メーターが上=高い表示なので、
表示を見ながら練習してたらちょっと頭がこんがらがりました。

では、これでどうだっ!逆さに取り付け!
表示も真っすぐこちらを向くし、
音程メーターも弦の位置関係と揃う!
表示がさかさまになりますが…

横向きメーターの製品が多かったので、
縦メーターの弊害を感じてしまいましたね。

ピエゾの感度は実用上十分だとは思いますが、
KORG pitchclip pc-1などにくらべれば少し弱いかな〜
マイクの感度は申し分なしです。

こんなふうにちょうどいい角度に自立させることもできるので、
マイクモードにして置いておくのもありです。

二胡に使うなら…他のでもいいかなあw

実用的に十分な性能をもっていると思います。
それこそギターみたいな楽器なら、見やすくて便利ですね。

使用目的が二胡だけで、クリップ式がいいならやっぱり、
KORG pitch clip pc-1や
SNARK SN-2 のほうがオススメですね〜

僕は奏生もバンジョーもあるし、なんせトミーエマニュエルになるために
ギターを練習せなあかんので、このチューナーは活躍してくれるとおもいます。

なんせ安いですからね。試しに買っても失敗はないですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.