6種のマイクテスト



偽物マイクの音質チェックをするのに、折角なので小林手持ちのマイクを一緒にテストすることにしました。


小林が持ってるマイク

買った順に。安い物ばかり並びます…涙涙

・RODE NT-3

コンデンサーマイクが高嶺の花だった時に登場した、RODEというブランド。
安くて使えるコンデンサーマイクを多数販売しています。
学生でお金がなくて、でもこの値段ならなんとかコンデンサーマイクが手に入る!と頑張ってバイトして買いました。
超指向性をもっていて、すこしクセがあるように思いますが、それを逆手にとって歌やメイン二胡を録音するのに使っています。
電池でも動くので、ライブで使うことも多いです。

・BEHRINGER B-2Pro

音響機器の価格破壊を起こしたBEHRINGER。いろいろな機材でお世話になっています^^;
このマイクは、とあるエンジニアさんに「安い割りに使えるよ」教えてもらったものです。
さらっとした音、というイメージ。とりあえずオールマイティになんでもこれで録ってます。

・Studio Project B1

→リンク・販売ページへ
中古で安かったので買いました。今はモデルチェンジしてるみたいですね。
B-2と同じような感じですが、こちらはちょっと引っ込んだような印象。
余り出番ないです。

・SHURE SM58

ライブ音響を自分の機材でするようになって、やはりこれは必要と思い購入。
安心して使えます。何度落としても壊れないw頼りになります。
ちなみに、<SM58>と<SM58-LCE>は同じものだそうです。

・SHURE SM57BETA

SHUREのダイナミックマイク、【58】はヴォーカル用、【57】は楽器用となっています。
こちらも中古で見かけて購入。ライブで二胡や三線に使っています。
このマイクは大きなコンサートやテレビでもヴォーカルに使われているのをよく見ますね。

・SHURE SM58BETA(偽物)

これは知人の持ち物です。
みなさんも偽物には注意しましょう。
 
→リンク・定番SHUREのマイク偽物にご注意!

二胡を録音してみた


こばやし二胡教室のレッスン室に写真のようにマイクをできるだけ寄せて立てて、二胡を適当に弾いたものを録音しました。

マイクから音源までの距離は大体1.5mくらい。
音の方に向けただけで、角度とか細かいことはなーんも考えず録音しました。

この1.5mというのが、SM58やSM57BETAなどダイナミック式マイクにとっては少し距離がありすぎたかもしれません。
あと、とても響く正方形の部屋で、道路に面してるので車の音もじゃんじゃん入ってます。
その外雑音の入り具合や響きも聞きどころといえば聞きどころ。

それらを、ZOOM R16に直接入力して6本のマイクを同時に録音。

(R16はファンタム電源が2chしかないので、NT3は電池駆動しました。)

録ったそのままの音をYOUTUBEにアップしました。
 ↓↓↓↓↓↓↓↓

マイクテスト音源

・RODE NT-3

・BEHRINGER B-2Pro

・Studio Project B1

・SHURE SM58

・SHURE SM57BETA

・SHURE SM58BETA(偽物)

ご注意

マイクの品質は音質そのものはもちろんですが、指向性や能率など複合的に判断されます。
コンデンサーとダイナミックではそもそも想定される用途も扱い方も違います。
このテストもご参考程度にしてくださいね。

感想。偽物の音はやはり軽い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.