五月病に負けルナ!今日の練習曲です。

賽馬」という曲があります。
速弾きが華やかな曲なんですが、指がなかなか回らない…

そんなフレーズをピックアップして、運弓と押弦のタイミングを鍛える練習曲としてみました。

→楽譜はこちらをクリック!

・弓を返すタイミングが遅れないように
・長いスラーのところでは、左手指だけで正確なリズムをとれるように
・メトロノームを使ってゆっくり練習
・ニガテなパターンは何度も繰り返して!

動画も美しい模範演奏ではないです。。(o_ _)o モウダメポ
がんばったんじゃが…

「賽馬」はこんな曲です。


コメント & トラックバック

賽馬の練習曲、参考になります、
弓の先と手元になると音がしっかり出なくてガリガリと、、。
音がしっかり出すにはどうすればいいですか?
小林さん、よろしくアドバイスお願いします。

はなみづき様

コメントありがとうございます。
*実際に見てないので推測アドバイスとなることをご了承ください。

弓を返すときに、弓の進行方向以外の方向に力がかかっているのではないでしょうか?
「弓は真っ直ぐ弾く」というのは速弾きでも同じですが、細かく弓を返すときはブレがちです。

自分の動きを携帯ででも撮影して見返してみるといいかもしれません。

やたら弓の動きがぶれてたら、それが原因かも。

雑音の原因はほんとに様々考えられるので、雑音がでないところまでスピードを遅くして、それからすこしづつスピードを上げていき、雑音が出だしたところで、それまでと変わったところがないかよく自己観察をしてみてください。

こばやし二胡教室でもスカイプを使った遠隔レッスンも行っていますので、よかったらお気軽に~( *‘∀‘ )ノ

小林様
有り難うございました。弓の先、手元はスピードが出てないですね、
アドバイスのように練習してみます

コメントする

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

こばやし二胡教室SHOP

ウェブショップはこちら  ↓↓ http://erhufukui.thebase.in/

二胡に関する記事

奏法やメンテナンスなどの情報記事はこちらにまとめてあります。

→二胡情報一覧

音源