2011.7.5の練習曲




→楽譜はこちらをクリック!
第2ポジションにいて第1ポジションの音をとりにいくとき。
ポジション移動を伴う場合と、
ポジション移動しないで行う場合とあります。
ポジション移動しない場合の左手の動きに注意です。
この練習曲でいうと、
”一指し指”だけで「6」の音をとりにいってはいけません。
”左手のひらと竿が直角”という小林的左手もち方の基本を崩して
手のひらが人差し指を上のほうに持っていくような感じです。
動画を参考に。
このふたつの方法は、それぞれ利点があるのでどちらも出来るといいとおもいます。
小林の考えるメリットをあげておくと
<ポジション移動を伴う場合> → 移動の音程変化のカーブを比較的自由に描ける
<ポジション移動しないで行う場合> → すばやく動ける
てな感じでしょうか。
音程の変化は同じでも、この二つの運指法はでてくるメロディが違ってきます。
なんか動画音へんですね?なんだろ??
【楽譜の表示/動画の再生がうまくできないときは】
 http://erhufukui.linkulblog.net/e132313.html  

アマゾンで”ポジション”て検索したらこんなのでてきました。
( ´;д;).。oO(ホスィ…)
けどにあわないだろうな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください