定番SHUREのマイク、偽物にご用心


PAの現場で使われるマイク。
誰もがお世話になっている定番中の定番に「SHURE」というブランドのマイクがあります。

「小林くん、SHUREのマイクがオークションで安かったんだよ!」
と購入された方が見せてくれたのですが…なんと偽物でした!


SHURE SM58BETA


(↑これは本物です。)

SHUREのボーカル用ダイナミックマイクロホン【SM58BETA】
現場で信頼の置けるマイクです。
イベントステージでもライブハウスでもテレビの中でも、このマイクを目にすることは本当に多いですね。

僕が見せてもらったのは、国内のお店で買える値段の約3分の一の値段(!)で購入されたというもの。
ううん、怪しいですよね…

違い

僕はSM58BETAは持っていませんが、同じSHUREの【SM58】【SM57BETA】というマイクを持っています。また、SHUREのこのシリーズには演奏現場でしょっちゅう出会うので、おおきな違いがあればなんとなく感じることができます。

見た目はまさにSM58BETA。<SHOER>とかにはなってませんw。

箱や付属品も正規品と同じものがそろっています。これらは本物とおなじものを使っているのかもしれません。

実際にマイクを持ってみると、まず軽い
説明書にはほぼ同じ重さと書いてある【SM57BETA】と比べても明らかに軽いです。

また、ケーブルが最後まで刺さらなかったです。
マイクはキャノン端子のケーブルをつなぎます。最後にラッチが「カチッ!」とはまるのですが、それがはまらない…

さて、音質は…明日のブログで紹介します。

人気商品ゆえの贋物市場

調べてみると、SHUREのマイクの偽物はたくさん出回っているようですね。
世界的に売れている人気の定番商品だからこそでしょう。

このマイクはその後、演奏会の現場で実際に使ってみました。
↓この記事中のセッティング図に【SM58BETA(偽物)】と書いてます。

●ZOOMのMTR「R16」でPAしながら録音してみる

使うことはできました^^;

みなさんもSHUREの偽物にはご注意ください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.