劉天華の練習曲「練習四十一」 ポジション移動のタイミング


わあああー劉天華の練習曲です!
みんな大好きですよね?ね?ね??


練習四十一

楽譜は↓の「練習四十一」です。
http://erhufukui.main.jp/wp-content/uploads/39-41.pdf

41番にきてようやく、第一ポジションと第二ポジションを移動することにチャレンジです。

運指も変わるよ

この41番の楽譜にはこんな指示が入っています。
qttja9ajncvbdv87ihgtq34
このマークのところから、指示されるポジションで演奏しなければならないことになります。

すこしわかりにくい箇所もあるので、運指番号を足して、ポジション移動のタイミングを書き入れたものがこちら
↓↓
クリックしてください

赤い縦線がポジションが変わるところになります。

タイミングはいつ?

この練習はとても大切なことを練習できます。
それは音程でも運弓でもなく、【ポジション移動をいつやるか】ということです。

ポジション移動をいつしているか、意識していますか?

「できるときになんとなく移動している」状態からステップアップするために、この練習曲では、
qttja9ajncvbdv87ihgtq34
このマークのある音を弾くタイミングでポジション移動することにして練習してみるというのはどうでしょう。

たとえ開放弦を弾いていて左手が自由でポジション移動する時間的余裕があったとしても、指示のある音を弾く瞬間まで移動しないのです。
上の動画はこのルールで演奏しています。

ポジション移動のタイミングにはルールがある

この練習曲を【マークの音でポジション移動する】弾き方は、僕のポジション移動タイミングのルールと違っています。
上の動画を撮るのは苦労しました…^^;

ポジション移動するタイミングが違えば表現も変わってきます。

ポジション移動タイミングのひとつの例の習得として、この練習曲を使ってみてもいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.