二胡之友 2012年3月号


nikonotomo2012.3

みんなのニコトモ!
2012年3月号が届きました。

特集は「第1回板胡音楽週」というイベントの報告のようです。
さて、内容をみてみましょう!


二胡之友2012年3月号目次

・「第一回板胡音楽週」見聞記(前編)
・コンサートリポート「賈鵬芳 上海之約 日精音楽会」
            「王文隆のジャズ二胡コンサート「月光の下の睡蓮」in台南」
・王永徳教授講演記録 王永徳先生をお招きして 第3回
・王永徳教授 論文《二胡の相互交流式教育》【後編】
・フリースタイル・アナリーゼ「賽馬【前編】」
・二胡をつくる木の話「二胡の取扱いについて」
・二胡の不思議を解剖「共鳴板 その2」
・オリジナルガイド付楽譜「冬景色」「オーラ・リー」
・平野優紀の二胡留学奮闘記
・鳴尾牧子の二胡の壷「暗譜について」
・メンテの神様「琴軸のお手入れ」
・キリコの北京便り
・田島十糸子の上海音楽留学現地レポート
・二胡雑学随想
・もろもろおしらせ

板胡といえば…??

「第一回板胡音楽週」とは、
板胡芸術の発展を目指して中国全土からその道のすごい人を招集して6日間行われたコンサートとシンポジウムのようです。

板胡、といえば、劉明源という僕でも知ってる有名な演奏家の方がいらっしゃいます。

この方の演奏は“民族音楽っぽさ”が強くて大好きですw
二胡を弾いても板胡みたいにきこえちゃう。

この方は民俗音楽の世界で大きな仕事をされた方ですが、
一方でジャズピアニストであり、なんとスティールパンの演奏もしていたってところで
僕の記憶にぐっと入り込んでます。

劉明源がピアノやスティールパン弾いてる動画ってどこかにないかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください