皆さんはどんな松脂使ってますか??
二胡の専門店では「ニ胡用松脂」と1~2種類くらいあるだけですが、
バイオリン用品を扱う楽器店に行って見ると、それこそ星の数ほど松脂があります(◎。◎)!
バイオリン用、ビオラ用、チェロ用といろいろありますが、それぞれ純度や粘度の違いで
弾いた感触
が変わってきます。
いろいろま松脂をしばらく使ってみて、自分と自分の二胡が一番きもちよく
音を奏でられる松脂を探したいものです。
バイオリンやビオラ奏者ともなると、
楽器や弦にあった松脂を使うのはもちろん、
季節によって使う松脂を変えたり、
数種類の松脂を好みの割合ずつ塗る奏者もいる、なんて話も聞いたことあります。
…でも、松脂って、なかなか減らないから、いろんな種類を試すなんてなかなかできない…
そうなんですよねー。僕も最後に松脂買ったのいつだったかな??
そんなとき、僕を救ってくれるアドバイスをもらいました。

<松脂は、最初に使った物を使い続けろ!>

自分にあった松脂を探すな!という本末転倒なものですが(笑)
初めて使った松脂の感触が、自分の基準になります。
松脂の違いによる表現の変化…なんてシビアなところまで求めないのであれば、
慣れ親しんだ松脂の感触を信じることもいいと思います。
そんなヒマがあったら少しでも練習をつむほうがいいとも考えられますよね。
ここでワンポイントとしては、自分の好きな弓の感触を生む松脂で、
この先もずっとなくなることのなさそうなブランドの商品を数種類見つけておく
ことです。
僕が最初に使っていた松脂は、しばらくして手に入れることが出来なくなりました。
で、適当に別の商品を使ってみたのですが、弾いた感触が違いすぎてとっても困った経験があります。
大手企業も破綻するこのご時世、愛用の商品がいつ生産中止となるとも知れません。
似たようなタイプの松脂をいくつか知っておくと、そんなときにも困らないかもしれませんね。
…まあ、その「似たようなタイプの松脂」ってのが二胡用松脂として二胡屋さんで売られているんですが…w
結局、二胡専門店は信頼できる!ってことかもしれないですね~(笑)
↓僕の二胡ケースに入ってるバイオリン用松脂です。
アマゾンなんかで気軽に買えちゃう。便利な時代ですw

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

こばやし二胡教室SHOP

ウェブショップはこちら  ↓↓ http://erhufukui.thebase.in/

二胡に関する記事

奏法やメンテナンスなどの情報記事はこちらにまとめてあります。

→二胡情報一覧

音源