中国民族楽器・二胡。
演奏の時に中国の雰囲気を出すために、僕もチャイナ服を2着持っています。
そのうちの一着が上の写真。
すいぶん前に、ちんどん屋の女性の先輩に
「いやーUFOキャッチャーであたったんだけどさあ、出してみたら男物だったからー」
と頂いた服なんですw
ほんとこの服にはお世話になっております。
女性のチャイナ服って日本でもいろいろ売ってますけど、
男物はなかなかないんですよね。
探して見つかるのはカンフー着みたい地味なのか、皇帝しか着れないのでは?ってほどゴージャスなやつ。
中間の、ミュージシャン的に丁度いい服ってなかなか見つかりません。
この服も、大事につかわなあかんなあと思っておる次第であります。
この手の刺繍の入ったチャイナ服。
使っていると、刺繍がほどけてくるところがあります。

ほっておくと、そこからどんどんほどけていってしまう。
そんな時の対処法です。
ほつれている刺繍の糸を熱でちぢれさせる!
オラー!!

ナイロンの糸が熱でちぢれて玉状になり、ほつれを止めるって狙い。
この写真はライターでやってますが、服ごと燃える危険もあるので、
ハンダゴテとか、火を消してすぐのマッチなんかでやるといいかもです。
…てか、ほんとにこれでいいのかな????
もっといい対処知ってる人おしえてーーー!

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

ミシンでの刺繍はほどけると
エンドレスで止まらないですね~
手芸用のボンドがあります。200円ぐらい
ほつれた糸を針で裏側に通して、短くして
接着
ドライヤーで乾かす(乾くと透明と思います)
もう1つの方法はアイロンで
「アイロン接着テープ」というのがあります。
これも解れた糸を裏側へ通して
このテープを当て、当て布をして
てアイロンを軽く当てる
刺繍によってはアイロンで縮みますので
目立たないところでお試しを

いつもすんません…
僕の求めていた解です…w
記事にさせてもらいます!

Comment feed

コメントする

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

こばやし二胡教室SHOP

ウェブショップはこちら  ↓↓ http://erhufukui.thebase.in/

二胡に関する記事

奏法やメンテナンスなどの情報記事はこちらにまとめてあります。

→二胡情報一覧

音源