aossa
最近ブログに告知さえ満足に書かなくなってきておりまする…すいません!!
11月20日アオッサ演奏会です~~




だれでも出れるお気楽演奏会

JR福井駅前東口すぐにあるショッピングモールAOSSA。ここの1階をお借りして、二胡でなにかやってみたい人が参加できるお気楽演奏会を実施しています。
最近、遠方からの飛び込み参加の方も増えてきました。ほんとうにどなたでも、お気軽に声かけてください。
全員でいろいろな曲を演奏したあと、希望者によるソロコーナーがあります。事前にご連絡もらえれば、楽譜の提供しますよ~

11月20日(日)14時より
アオッサ1階アトリウム

みんな来てね!


001

秋はどんどん深まっていきます!
外で演奏できる機会もあとわずかですね。

永平寺口駅前で行われる秋イベントで二胡弾きます!




永平寺口駅

お酒のおいしい地域です。こちらのイベントでも、雰囲気を肴に、お酒で秋を取り込もうという催し。

暗くなってからの空間に二胡の音を満たします。
小林の出演は18:45ごろからの予定です。

 *以下主宰者文より*

赤煉瓦倉庫前に、ちょっと素敵なカフェバーを開設します。

 町自慢の料理や地酒などで、友人やご家族とご一緒に、ゆっくりとお楽しみください。

 お飲み物カウンターでは、ソフトドリンク、ビール、カクテル、地酒を用意。

 地酒は、町が誇る3つの酒蔵(田邊酒造・黒龍酒造・吉田酒造)厳選のお酒!

 永平寺町の食とお酒を、しっかりとご堪能いただけます!

 22日(土)の夕方ステージは、赤煉瓦倉庫を背景に

  白井淳夫JazzQuartetによるジャズライブと、小林寛明二胡奏者による演奏でますます素敵な時間を!

 その他も、町の力・魅力を結集したおもてなしを、たくさんご用意しております。

****

詳細はこちらをご覧ください↓
https://www.town.eiheiji.lg.jp/900/903/p002907.html

よろしくお願いします!


10月です!はやいですね~~
ここしばらくの小林予定です。




岡山二胡レッスン

10月9日(日)岡山県津山市に伺って二胡レッスンします!
adsfaewaeh4
今後、定期的に伺うことになります。できるだけ個人的な希望に添えるような形を考えています。一緒に音楽楽しみましょう!

詳しくは↓
●岡山二胡レッスン詳細

仏像ダンスワークショップ

福井市歴史郷土博物館秋季特別展「福井の仏像」の関連イベントとしてのワークショップに、楽隊として参加します。
二胡を弾くかどうかはちょっとわかりませぬ。

「仏像×ダンス」ワークショップ&パフォーマンス
福井出身のダンサー藤田善宏さんといっしょに、ダンスで仏像を表現してみましょう!お寺でのワークショップと福井駅前でのパフォーマンスがあります。
 [ワークショップ]
 10月22日(土) 13時~17時 郷土歴史博物館・大安禅寺にて
 10月23日(日) 10時30分~12時 大安禅寺にて
 [パフォーマンス]
 10月23日(日)14時~15時 ガレリア元町・ハピテラスをパレード
 講師:藤田善宏氏(ダンサー、振付家、ダンスカンパニー「コンドルズ」メンバー)
 定員:30名 ※2日とも参加して下さい
 申込:8月17日から受付。FAXまたはEメールに氏名・住所・電話番号を書いて
    送って下さい。(先着順)
 参加費:2,000円(受講料)

http://www.history.museum.city.fukui.fukui.jp/tenji/tenran/butsuzo.html


10月8日に予定していた

喫茶ときどきバーhoyano こばとさんごLIVE

は都合により中止となりました。
来場を予定されていた方、大変申し訳ございません。
今後ともよろしくお願いいたします。

小林寛明


dfdsdsd0306e5156246a84a3tatgsgnx

少しづつ気温も下がり、秋の雰囲気がやってきていますね。
秋分の日に、お寺で二胡演奏やらせてもらいます!




遠成寺

三国町南本町にある真宗高田派浄雲山・遠成寺さん。
この日行う永代経彼岸会で、二胡の演奏会を行います。
13時半より読経、14時半頃からの二胡演奏会です。

どなたでも無料でご観覧できます。
秋分の日に秋をしんみり感じにきてください!

会場:遠成寺
電話:0776-81-3166
坂井市三国町南本町2-4-21


13892256_501445123392147_3033522140097699448_n

季節は秋…のはずが、めちゃめちゃ暑いですね^^;
台風がまだまだ続く様子、これ以上の大暴れは遠慮してほしいところですが…

茶蔵庵房(さくらんぼう)というカフェの周年イベントで二胡弾きます!




さくらんぼう

スーパー押尾二スト古室小唄郎さん、歌う散髪屋竹内太三修さん、素敵DUO・bonitoさんと一緒に、お店の1年を振り返ります!
飲食オーダーのみ必要ですがチャージ無料ですので、初めての方もぜひお越しください。

【茶蔵庵房 開店1周年記念LIVE】
9月18日(日)
開店17:30/開演18:00
入場無料オーダーお願いします。
会場:茶蔵庵房
電話:0776-76-0086
〒910-0362 福井県坂井市丸岡町上安田18−45


ah0g20a5r2wr9e4rj42kihzaq
9月一発目は福井大学近くの白山神社の秋祭りです。
こばとさんご出演します~




牧の島白山神社

”見逃したら後悔するよ!”(笑)
みんなで楽しいひと時をすごしましょう!

こばとさんご出演時間
9月4日(日)15時半~1時間ほど
場所:白山神社
住所:〒910-0017 福井県福井市文京4丁目15−15
福井大学近く、啓新高校隣

観覧無料

ぜひどうぞ!


9.17

夏休み、終わっちゃいますね。
そして2016年の季節も終盤戦、秋へ。

大野に保存されている古い武家屋敷、旧内山家で、毎年恒例のお月見会が行われます。




時間忘れるひと時

ライトアップされた庭園と、通り抜ける秋風の中、お抹茶席と演奏を楽しむ会。
今年は二胡小林と、フルート田賀優及子さんとの二人でお届けします。

日時    平成28年9月17日(土) 午後6時30分~午後9時(雨天決行)
場所    武家屋敷旧内山家
内容    【お抹茶席】
        大野市茶道連盟和敬会によるお抹茶接待が行われます
        お気軽にご参加ください
        時間:午後6時30分~午後8時
       【二胡演奏会】
        数寄屋風庭園に流れる二胡とフルートの音色をお楽しみください
        演奏時間:午後8時~午後9時
        演奏者:二胡・小林寛明さん、フルート・田賀優及子さん
定員     80名
参加費   お茶券300円(お抹茶、季節の和菓子付)をご購入ください
        ※演奏のみお聞きになる方は、入館料200円が必要です
販売場所  武家屋敷旧内山家
販売期間  8月22日(月)~9月12日(月)
         ※定員になり次第締め切らせていただきます。

ぜひお越しください!


yoiyoi
劉天華十大名曲の一つで、二胡を学ぶ人は必ず押さえておきたい独奏曲の名曲「良宵」です。

見やすい楽譜と揚琴伴奏音源を用意しました。

二胡と揚琴のシンプルで民族色あふれるアンサンブルを楽しめます。

サンプル動画


実際に演奏したものです。

参考難易度

D調第3ポジション。中上級者向き

簡単です、とは言えませんが、二胡独奏曲の中では難しい方の曲ではないので、レベル問わず、二胡奏者はぜひとも知っておきたい曲です。
二胡の魅力を学べる名曲です。

数字譜

A4用紙2枚

大き目の文字で見やすい楽譜としました。
動画の中の打音、トリル、滑音も楽譜上に記載してあります。

音源

以下のmp3音源がセットになっています。

・「ryousyou.mp3」二胡入り
・「ryousyou karaoke.mp3」揚琴カラオケ

価格・購入方法

【「良宵」 二胡ソロ ダウンロード販売】

●数字譜のみ ¥540-(税込)

●数字譜+音源セット ¥1,080-(税込)

購入ご希望の方は、こばやし二胡教室までメールまたは電話でお問い合わせください。
メール:erhufukui@gmail.com
電話:050-5857-6183

銀行振込にてお支払いを確認した後、データのダウンロードURLをメールいたします。
お客様の方でダウンロードしていただき、解凍してご利用ください。

印刷・CDR・郵送

・数字譜を印刷して郵送してほしい。
・音源をCDRに焼いて郵送してほしい。
・同時に購入する複数の楽曲の音源を1枚のCDRに収めたい。
・サンプル演奏動画をDVDでほしい。
・演奏のポイントを教えてほしい。
・ダウンロードなんてわからない!どうしたらいい?
・伴奏のギターコード譜がほしい。
・クレジットカードで支払いたい。

…といった要望にもお応えします。別途料金が発生する場合があります。お問い合わせください。


IMG_7928

千斤…二胡の内外弦をまとめ、振動を制御する大切な部品…
この千斤について、小林が2016年8月に思っていることをまとめて書きたいと思います。
(随時変わっていくことが予想されますので、何卒参考程度の話としてください。)




千斤が変わると何が変わる?

千斤にはいくつか種類があります。
手に入りやすいものを大きく分けると、次の2種類となります。

・紐千斤 … タコ糸、ポリエステル素材等
・固定千斤 … プラスチック、木材、牛骨、金属等

千斤によって、二胡の状態が変化するのですが、なにがどう変わるかということはなかなか言葉にしずらいです。
それでもあえて言うなら、僕は、「弦の振動の“締り”具合」と感じています。

千斤が良い状態だと、運弓によって与えられた振動が、振動させる目的の場所<駒から千斤までの間の弦>の中で、統制がとれた状態できれいに振動しているように感じます。

逆に千斤が悪い状態ならば、千斤が弦の振動を制御しきれずに<駒から千斤の間の弦>以外の部分に振動エネルギーが漏れてしまい、振動に生気が失われているように感じています。

この結果として、千斤が悪い状態の二胡で、ウルフトーンが起きたり、音が出しくかったりして、「弾きにくい」「音が悪い」と感じているのではないでしょうか。

特に、僕には音の“生気”という感覚が大切で、生気のある音は、音が自分から出て行ってくれる(弾きやすい)、ぎゅっと引き締まった生命感のある歌声を奏でる(音がいい)と感じています。

紐or固定 どっちがいいの?

僕は固定千斤でこれまでいいなと感じたものはありません。
QQ千斤という固定千斤の一種があり、これには機能的にもかなり希望をもったのですが、結局使いませんでした。→理由は過去に記事にしました。

これは僕の弾き方とも関係があるとは思います。

Q:「紐千斤は弾いているうちにずれてきて開放弦の調弦が狂う」
A:僕はこのように感じたことはありません。僕は千斤から弦が離れてしまうほど押弦に力が必要だと思っていないので、千斤がずれるというのは僕にとっては力の入れすぎが原因だと考えます。

Q:「引き弓と押し弓で音程が変わってしまうのだが、固定千斤だと収まった」
A:引き弓と押し弓の“弓の角度”や“弦への圧力”は同じでしょうか?運弓だけで音程が変わるなんて、弦に加えている力の状態にかなり違いがなければ起きにくいと思います。
 弦楽器で音程を決めるのは「弦の長さ」「弦の張力」です。弓を押すか引くかで、千斤自体がこの2点に対して違う状態を生み出すようには思えません。

*よくある質問にあえて答えてみましたが、実際にはどんな二胡をどんな風に弾いているのか見てみないとはっきりしたことはわかりません。
楽器の調整状態でこういった症状がでることもありえますので、疑いがあれば他の人に自分の楽器を弾いてもらって、誰が弾いても同じ問題が起こるか試してみてもいいかも。

というわけで、小林は紐千斤がオススメです。

小林おススメの紐千斤

小林がオススメしているのは、ダイニーマという素材で作られた紐千斤です。
IMG_7928
こばやし二胡教室でも扱っていますが、色がいろいろ混ざっています。十三堂楽器さんでは、黒一色、白一色のダイニーマ千斤が販売されています。

これはとても生気のある音になります。開放弦の音と押弦の音の音色の差が小さいのもポイント。
なにより、ダイニーマ千斤は「千斤の良い状態が長持ちする」ということが大きなメリットです。

千斤は劣化する

紐千斤は、竿に数回巻いたあと、竿と弦に何回か渡して縛ります。

使っていくと、弦にわたっている千斤それぞれの力のバランスが狂っていきます。
もちろん、紐素材自体が伸びてしまうこともそれに拍車をかけます。

それで、良い紐千斤でも、使っていくと良い状態を保てなくなっていきます。

「最近調子悪いな…」と思っていた二胡、千斤を巻きなおすだけで生気復活!という経験はたくさんあります。

上のダイニーマ千斤は、この狂いが少ないのか、良い状態がかなり長く持つような気がします。
それでも、数か月に一度はまき直し、年に一度は新品に交換した方が良いと思います。

千斤の高さ

千斤の高さについては過去に記事にしました。
 →千斤取り付けの考え方 その1【高さ】
 →初心者卒業したら千斤は高く!

また、有名な千斤の高さの合わせ方、というのもあります。
 →はじめての千斤の高さのあわせ方

このはじめての合わせ方、というのは、本当に「初めての人」に向けてのものです。
「二胡これから始めるの?じゃ~千斤どうしたらいいかなんてわからないよね。まあとりあえず、このへんにしといたらいいんじゃない?」
という程度のものです。

千斤をある程度高くすると音色と演奏性が上がるのは本当です。
でも自分の演奏スタイルに合った高さである必要があります。
千斤の高さによる影響を理解し、自分の音楽のために自分で高さを探したいものです。

僕も、千斤の高さはいつも変わっています。
昔は「駒から何センチ」と数字で覚えていましたが、いつからか本当に適当になってきました。
自分が気に入らなければ、すぐにずらして調整しています。

千斤の幅

こちらも過去記事より
 →千斤取り付けの考え方 その2【幅】
 →はじめての千斤の幅の目安

2016年の僕は「自分の親指の爪の7割くらい」の幅にしています。

巻き方

こちらも過去記事紹介。
 →二胡・千斤のまき方

弦に8回まわるように巻いています。
なぜその回数か?1回巻から20回巻までためして、一番いい感じだったからです(笑)

それで、現在の小林二胡の千斤は?

ずーーーーっと気になっていたんです。
研究努力によっていろいろな素材の千斤や複雑な仕組みの固定千斤など様々にラインナップしているのに、どうして有名な演奏家たちは皆白い紐千斤ばかりなんだろう…
あれたぶん、タコ糸だよな…まさか、先端素材が安いタコ糸に負けるはずがない…そう思っていました。

ひょんなことからちょっとタコ糸を千斤として使ってみると、なんということでしょう!!
これまでに使ったどの千斤よりも、ぎゅううっと密度が高く、ハリがあって、生気が漲っている二胡になりました!!
ダイニーマ以上です。

というわけで、2016年小林の二胡の千斤はタコ糸です。
IMG_7929
今は、近所の100均で売っていた細いほうのタコ糸を使っています。

ところが、大きな問題もあります。タコ糸千斤は良い状態があっというまに終わってしまうことです。
長くて1週間。ほんとうにあっという間です。

それ以後は、だらけた音になっちゃいます。
これまでタコ糸千斤に魅力を感じなかったのはこのせいだったんです。

小林は最近は週1で千斤を新品交換しています。

2016夏千斤まとめ

千斤は紐がいい!

頻繁に交換できない人はダイニーマ

自分で交換できる人はタコ糸

というのが小林のこの夏のトレンドです。

ぜひご自身でいろいろ試して、自分の好みの千斤セッティングを見つけてください!

どうぞご参考まで。

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 126 127 128 Next

こばやし二胡教室SHOP

ウェブショップはこちら  ↓↓ http://erhufukui.thebase.in/

二胡に関する記事

奏法やメンテナンスなどの情報記事はこちらにまとめてあります。

→二胡情報一覧

音源