2011.5.1の練習曲




もう五月ですねえ~練習です!
→ 楽譜はこちらをクリック!
ずっと出てくる外弦「7」の音を均一に。
内外弦移動が大変ですが、
最低限の力と動作になるようにやり込んでいきます。
すこしづつ速く弾けるように。
ああーーーーーひけねえ!!くそーーーーー!
【楽譜の表示/動画の再生がうまくできないときは】
 http://erhufukui.linkulblog.net/e132313.html  

二胡・音の終わりの処理


弓は真っ直ぐ運ぶのが基本です。
でも、曲の終わりなどで、最後の音をキレイにフェードアウトさせたいのに、
真っ直ぐ弾くだけでは、なかなか細かい雑音がまざってキレイに終われない…涙
てなことはありませんか?
音の終わりをすうっとフェードアウトさせたいとき
また、スパッと切るような音の終わりにしたいとき

弓の運びの一例を紹介します。


ふわっと


音がなくなる瞬間に弓を”フッ”と持ち上げます

ポイントは、「音が消える瞬間」に「突然ふわっと」右手首が浮き上がる感触です。

弓は胴の上に乗せたまま弾かないといい音がしない→弓が浮くと音がみるみる軽くなる、という現象を利用します。

弓を運びながら徐々に持ち上げてはだめです。
弓が上がりだしたらもう弦への圧力は開放しています。

弓を持ち上げるといっても右手側だけで、弓先は二胡の胴体にのったままです。

いろいろやってみて、感触を掴んでみてください。
この動画では長い音のフェードアウトをやっていますが、
音を短く切り上げるときにも頻繁に使えます。

いろいろな演奏を見てみると、音の終わりで弓を持ち上げる動作が見れますよ。

2011.4.29の練習曲




ポジション移動の練習です。
音だけの正確さを追求するんじゃなくて、
ポジション位置の確認、正確さ、動きのムダの少なさを
目指してください。
→ 楽譜はこちらをクリック!
日付まちがえているのはご愛嬌!!
【楽譜の表示/動画の再生がうまくできないときは】
 http://erhufukui.linkulblog.net/e132313.html  

5月8日はアオッサに集合GOGO!!



鬱な五月が近づいてまいりました!
全国のお母さんがまちかねた”母の日”、アオッサで二胡教室生徒さん衆による
たのしい演奏会を行います!
5月8日(日)14時スタート
アオッサ1Fアトリウム
今回の演奏予定曲は…
きらきら星 D
ちょうちょ D
久しき昔 D
春の小川 D
浜千鳥 D
童神 D
春よこい2重奏 G
大きな古時計3重奏 G
埴生の宿3重奏 D
見上げてご覧夜の星を G
ふるさと G
オーラ・リー G
アメージンググレース G
蘇州夜曲 D
上を向いて歩こう G
一個人 G
山谷回音真好聴 D
しかられて F
バラが咲いた D
こんな感じです!
「それなら私も弾けるわい」
という人は楽器持って集合!
来る者こばまず!
道場破り受けて立つ!僕以外の人がお相手いたします。
生徒さん達の苦しくも楽しく音楽している姿をご覧頂ながら、
おいしいコーヒーをたしなみ、
母への感謝を想う。素敵な日曜日ですね!!
観覧無料ですが、
東日本大震災への募金箱を置く予定ですので、
お気持ちのほうをよろしくおねがいします。
アオッサ演奏会 趣旨は↓↓を。
http://erhufukui.linkulblog.net/e106524.html

二胡と湿気



すごい雨ですね(´о`)=3ハアー
楽器は温度や湿度の影響を受け常に状態が変化します。
二胡もしかり。
今日みたいな雨の日、湿度の高い日は
皮の反応がにぶくなり、いわゆる”弾きにくい”状態になります。
逆にカラッと晴れた乾いた日はスッと楽に音がでるような状態に。
とても気にされる方も多いですね。
「湿度、しっかり管理したい!」
「いつも最適な状態にしておきたい!」
という方には、↑に紹介したような楽器用の湿度調整アイテムもいろいろ販売されています。
ただ、どの程度の湿度がその二胡に合うのか、
演奏する人のニュアンスに適合するのかは、人それぞれです。
これもあたり前の話ながら、
いろいろな状態を試してみて自分に合う感覚がどのくらいの湿度のときか知っておく必要があります。
それを知った上で、必要があれば↑のような製品を使うようにしないと、思ったような結果が得られないこともあります。
「おかき食べたら、袋に入ってる除湿剤を全部二胡のケースに入れてる」
なんて強者にもあったことありますw
アメリカのギター音楽好きには
「東海岸の湿ったサウンドが好きだから、ギターは風呂場の近くにおいてある」
って方もいるとか?
僕はあんまり湿度の影響による二胡の変化を感じないタイプですw
ほったらかし最高。

おかえりふくいコンサートに出演します!



先日のアースデイ越前2011にて。
恍惚の表情。
*写真提供:なすすけさんありがとう!
福井市文化課さんから突然のお電話をいただました!!
GWの初日!!
4月29日金曜祝日!!!
13時から!!!!!!!
JR福井駅コンコースで!!!!!
”こばとさんご”が演奏させてもらうことになりました!
「GWかえっておいで!」っていう企画で、
帰省者向けにいろいろな催し物があるようです。
福井駅での構内ライブもその一つ。
13時からは我ら”こばとさんご”
15時から”ジゲン”さんというバンドが出演されるようです。
在住者でももちろん観覧OK!もち無料っす!!
駅蕎麦たべて、ノンビリまったり務めます。
もしよかったらみにきてね~~
詳細は↓↓。右上に載ってます。
http://www.fuku-e.com/gwcam.pdf

SING J ROYさんのニューアルバムに参加しました!



レゲエシンガー、SING J ROYさんはご近所さん。
福井はびっくりするくらいレゲエが浸透してますが、それもこれも牽引役のこの人の存在が大きいんじゃないかと思います。
歩く影響力!って感じです(笑)
ROYさんが時間をかけ距離をかけ制作されていた新しいCDがこの夏発売になります。
タイトルは”IRIE365
1曲、僕も参加させていただいています。
ハードなキラーチューンを相手に、最初はどうしたものか悩みましたがw
ジャマイカ人もビックリなサウンドに仕上げてもらいましたっ!!(^-^vブイ
もともと僕もテクノとかハウスとかダンスミュージック好きで、
二胡はじめてこのかた癒し暦が長かったら、なんとも感慨深くも楽しい録音でしたね~
完パケしたばかりの音源をきかせてもらうと、
ジャマイカの空気感たっぷりの重いリズムにのせて
地元福井の人のあったかさがビシバシ伝わってきます!
ROYさん本人と対面して話をしているような気持ちになっちゃう。
歌の力ってやっぱりうらやましいですw
福井発の二胡レゲエ(!)を搭載した
SING J ROYさんのニューアルバム”IRIE365″は7月6日発売、
デジタル配信は6月1日からの先行配信となるようです。
詳しくはROYさんのブログを!
↓↓↓
http://singjroy.com/

今日の日刊県民福井に


多士彩々というコーナーに僕がのってます!
足羽川ボート二胡会のときの写真入り。
ライフジャケット着て二胡弾いてる写真は業界初では??
県民福井とってる方はみてみてください。
とってない方はコンビニへGO!
…っと、遠峯あこ、岡大介とのツアー中につき今日はこれにて。
いまから三國湊座でLIVEやってきまーす!

2011.4.23の練習曲



ひさしぶりにやってまいりました、今日の練習曲のコーナー!!

楽譜↓↓
こちらをクリックで表示します!
これは、実はyoutubeで見かけたテナーバンジョーの練習曲をもとにしています。
その筋では大変有名な、4弦バンジョー奏者・青木研さんが紹介していたのをもじったものです。
青木研さんこんな人↓

なんとも楽しそうに弾かはりますね~~
もう本ネタの動画はなくなったようですが、ゆびならしとして長年弾いてる曲ですね。
難しいですが、ぜひチャレンジしてみてください!

陳軍


二胡演奏家・陳軍
僕の今一番HOTな二胡奏者です。
細かい経歴は知りません(笑)
なにがいいって、音がエロい!!!(笑)

こんな音だしたいですねー
音から楽譜が見えないといいますか。
これだけフリーダムな演奏したいもんです。
高名な演奏家、陳耀星の息子。
親子して超テクニシャンなんですが、
作曲を通じて胡琴の新しい表現に取り組んでいます。
なんじゃそりゃ??的なテクニックは
この親子の考案のものが多いですw
有名ですが、

これはお父さん耀☆作曲。
走る馬の蹄の音とか進軍ラッパのモノマネをはじめて聴いた時は爆笑しました。
今はそれを真剣に練習している自分がいます。
香港管弦樂團と陳軍の演奏。

このビーム兵器みたいな音がカッコイイ!

いろいろ探してたら正面から定点撮影した動画も発見。
後学のためにはっとこう…
ラストの弓放り投げ、ますたーしなくっちゃ
この曲はとにかく派手なんで多くの演奏家が演奏しています。
で、これのオマージュ作品を息子が作曲。
↓↓

どんだけやるねんっ!
トミーエマニュエルにも同じことを思うけど、
北斗百烈拳的なペガサス流星拳的な龍虎乱舞的な弾き倒し感が最高です。
お父さんの曲を日本映画とするなら、
息子のやつはさしずめハリウッド映画って感じでしょうか。
親子共に、演奏にパフォーマンス的な要素が多くて楽しいです。
作曲も多くて、CDなんかきくと
ホントに同一人物が作曲したの??
ってくらい多彩なメロディーが聴けます。
僕もこのくらい腹でたらこんなふうにひけるのかな。
がんば!

Pages: Prev 1 2 3 ... 114 115 116 117 118 119 120 ... 130 131 132 Next

二胡の魅力を超自分視点で紹介します!