GoogleAdSense広告配信停止から再配信まで


3er13r3r3r3r3r3r3r3r3r3
「こばやし二胡教室ブログ」には、GoogleAdSense広告を貼り付けてあります。
これによって、ブログからほんとに僅かですが収益があります。
微々たるものですが、自由業の僕にとってはボーナスみたいなもので、とてもありがたくうれしいものだったりします。

そんなある日Googleから

お客様のウェブサイトに AdSense のプログラム ポリシーに準拠していないサイトがあり、その結果、そのウェブサイトへの広告配信が停止されていることをお知らせいたします。

というメールが。
ブログをみると、確かにAdSense広告が消えてる!
ググってみたら、同様のケースはたくさん起こっているようでした。

他の方のケースでは、事前に「ポリシー違反してるからすぐに修正してください」という督促メールがまずきて、その後修正されなければ広告配信停止、という流れもあるようです。
僕の場合はそういった事前連絡なしに、突然の配信停止でした。

今後誰かの参考になればと、「こばやし二胡教室ブログ」の広告停止から再配信までを記録します。


身に覚えなし

広告停止を伝えるGoogleからのメールには、「こばやし二胡教室ブログ」の違反の内容として、

********

ユーザーに報酬を提供して誘導するコンテンツ: Google のプログラム ポリシーに記載されているとおり、AdSense のお客様がリンクや広告のクリック、メールの購読、他のウェブサイトの閲覧を行ったユーザーに報酬を与えるプログラムに関するコンテンツを含んでいるサイトに Google 広告を掲載することは許可しておりません。

********

とあり、それに該当しているとされる記事がひとつ挙げられていました。
その記事はこれ↓

 ◎ヘッドホン MDR-CD900ST イヤーパット交換
(*↑上記記事は修正済み)

?????まったく身に覚えがありません。
Googleからの指摘は、「報酬をあげるから、このリンクをクリックしてよ!」と僕の記事に書いてあるぞ、ということ?

ヘッドホンの耳当て交換するだけの記事にそんな部分あったか???

最初はかなり混乱しました。

落ち着いてポリシー読み直す

とりあえず、Googleのポリシーを読み直します。

◎GoogleAdSense禁止コンテンツ
https://support.google.com/adsense/answer/1348688?ctx=as2&rd=1

う~ん、書いてあることはまったくそのとおりで、そこにあげられているようなブログに広告が出せないのは分かります。
でも「こばやし二胡教室ブログ」みたいな清純音楽ブログ、どれにも該当しないのでは…?

同様のケースにあっているほかのブログでも、自分のブログの何が悪いのかよく分からないで困惑したという話がたくさん。
皆さん落ち着いてGoogleAdSenseのポリシーをじっくり読み直し、記事の表現や広告の位置を微妙に変更することで再配信が認められたとあります。

違反するようなつもりの内容ではないが、誤解されるかもしれないなと思える表現を見つけたという話が。

再度記事をみる

もう一度、Googleに指摘された違反内容をよく見て、記事を見直します。

********

ユーザーに報酬を提供して誘導するコンテンツ: Google のプログラム ポリシーに記載されているとおり、AdSense のお客様がリンクや広告のクリック、メールの購読、他のウェブサイトの閲覧を行ったユーザーに報酬を与えるプログラムに関するコンテンツを含んでいるサイトに Google 広告を掲載することは許可しておりません。

********

…あ、これかな???
(↓修正前記事の画像)
vdsgrehtjy

青い線を引いた「片耳1000円弱の部品代でリフレッシュ!」。

これはもちろん、片耳1000円弱のお金で買った部品で、僕のヘッドホンが良くなりました、リフレッシュしました、という意味です。

これを、Googleが「リンクをクリックしたら1000円あげるよ」という意味に読んだのかも???

まさか、と思いましたが、他に思い当たる部分も見当たりません。

記事修正して再配信の申し立て

片耳1000円弱の部品代でリフレッシュ!
この一文と、この記事にあるアフィリエイト広告を削除。

お金をエサにアフィリエイトのクリックを誘導する意思など無い、ということを表しました。

そして、Googleのメールにあった、「再配信申し立て」の手続きを行います。
指定されているリンク先のフォームに修正した詳細を書き込んでいきます。

他のブログでのケースも参考に、
・まず、今回まぎらわしい表現をしたことを謝罪
・「片耳1000円弱の部品代でリフレッシュ!」の一文とアフィリエイトリンクを削除し、ポリシー違反ではなくなったと考えることを説明
・今回の件でポリシーについてとても勉強になった。今後違反がおきないように気をつけることを明記

かなり「すいませんでした」という気持ちを全面に出した文章を書きました。

申し立て送信。返事には数日から数週間返事かかるから、まっててね、とのこと。

申し立て後…

3日ほどして、「Google AdSense ポリシー違反の申し立てについて」というメールがGoogleから届きました。
かなり速い返答だったといえます。

********

プログラム ポリシーに準拠していただくために、サイトに変更を加えていただき、ありがとうございます。erhufukui.main.jp を慎重に確認させていただいた結果、このサイトへの広告配信を再度有効にいたしました。

********

やった!やはり「片耳1000円弱の部品代でリフレッシュ!」が誤解を生む表現だったのですね。
シビアやな(笑)!!

でもまあ、他の方も書かれていますが、広告主を守るためにも、Googleが神経質になるのはしょうがないかなと思います。
少し前では、いきなりアカウントが停止され、二度とGoogleAdSenseを使うことができなくなるようなケースもあったそう。いろいろありながら、Google側も修正を繰り返しているようです。

この件については、たくさんの方が記事にされています。ぜひ参考に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください