» 実演動画で名曲紹介!のブログ記事



実演で小林の好きな曲をご紹介。
「雨夜花」。
この曲は1934年に日本植民地下の台湾で鄧雨賢が作曲した歌です。
う~や~ほえ~う~や~ほえ~
という台湾の言葉?の歌詞から、北京語や日本語の歌詞もあります。
僕はこの歌は沖縄民謡唄者・大工哲弘さんの「蓬莱行」というアルバムに収録されていて初めて聴きました。
鄧雨賢作曲の月夜愁、望春風とともに収録されていた雨夜花の
なんとも異国情緒漂いながらもとてもなつかしい、暖かい、優しい感触にとても感動して、
鄧雨賢という音楽家、台湾の音楽や歴史に興味を持ちました。
雨の降る夜に 咲いている花は
風に吹かれて ほろほろ落ちる
音楽は生活とともにある。
生活そのもの。その人そのもの。
テレサテンをはじめ、本当に多くの音楽家が歌っている名曲です。
ちなみに、「花を泣かせる 胡弓のしらべ」
という歌詞もあります。そんな音楽を奏でたいものですなあ。
大工さんの「蓬莱行」もすさまじい名盤です。
もしアナログレコードだったら穴が開くんじゃないかってほど聴きました。ぜひ御一聴を!



さあーまたまたどんだけつづくか分からない企画の始まりです(#゚Д゚)オラー
二胡の名曲の中から、小林の好きな曲(弾ける曲…)を実演でご紹介!
今回は「揚州小調」。
いきなりですが、動画の編集まちがえて曲頭の部分切れております(゜д゜)ウヴォァー!スイマセン
この曲は二胡演奏家・朱昌耀の編曲で
江蘇省の民謡「抜根芦柴花」に「茉莉花」をミックスして作られた二胡独奏曲です。
賑やかな部分が「抜根芦柴花」、
おしとやかな部分が「茉莉花」ですね。
パッション溢れる元気なメロディ。
若者の色恋風景と豊かな自然の風情を表しているとか。
二胡名曲というと、とにかく劉天華と阿炳が挙げられますが、
僕は朱昌耀や陳耀星作曲による、民族色豊かで華やかで楽しい二胡曲が好きなんです。
特に、朱昌耀の曲の特筆すべきところは、
がんばればなんとか弾けんこたーない、絶妙な難易度
ではないでしょうかw
二胡のためにかかれている独奏曲は、二胡の魅力を生かすように作られていますから、
そりゃむつかしいんです。
この曲はポジション移動や運指に特殊なものがあるわけでないので、
ゆっくり追えば弾けないことはない(笑)
細かいプリルトリラーやポルタメント、弓使いがポイントです。
この曲は僕は耳コピですが、この方の曲は日本でも楽譜が手に入りやすいのもポイントです。
色彩豊かな民族音楽らしいキレイなメロディ。すばらしい作品ですなあ。

Pages: Prev 1 2 3

こばやし二胡教室SHOP

ウェブショップはこちら  ↓↓ http://erhufukui.thebase.in/

二胡に関する記事

奏法やメンテナンスなどの情報記事はこちらにまとめてあります。

→二胡情報一覧

音源