» メンテナンスのブログ記事


先日書いた二胡の修理記事

に対して、光舜堂の職人・西野さんからメールをいただきました。
もっと簡単な方法がある…とのこと。
その方法を紹介します!


二液性ボンドを使う

老後はガンダムのプラモ作りで楽しく過ごす予定の僕は知ってましたが、
2種類の液剤を混ぜて使う、強力な接着剤があります。

エポキシ系接着材ってやつです。

これは2種類の液を混ぜると硬化がはじまるもので、本当に強力な接着力をもつので不必要なものにつかないように注意が必要です。

ホームセンターで買ってきました。こんなの。

硬化時間や接着対象に違いが有りますが、一般的な「5分型」でOKとのこと。

これを使って、以前修理した中胡を再修理…と思ったんですが、
この中胡は普通のネジを通すために穴を広げちゃったので、もうこの方法での修理はリスクが高いと判断。
西野さんに教わった方法をお知らせだけしますね。

手順

1.2液性エポキシ接着剤の説明書どおりに混ぜます。
  硬化がはじまるので作業はささっと行いましょう。

2.爪楊枝かなにかで、接着剤を穴に詰めていきます。
  穴の奥までいきわたるよう、しっかり詰めます。

3.「5分型」とありますが、あらかた固まるのが5分くらいかなあ、てなもので、
  実用硬化まで1時間ほどかかると説明書にあります。
  そのくらいゆっくり硬化をまちます。

4.もともとあった木ネジを締めていきます。
 
これで、穴に詰めて固まった接着剤が隙間を埋めて、
木ネジを締めることができるようになります。

木ネジ穴を修復!

この方法で、二胡の修理以外でも、バカになった木ネジ穴を復活させることができます。
また、この方法がいいのは、二胡の後ろについている花窓をとりはずさなくてもいいこと。

先日の記事の方法では、ナットを締めるため花窓を取り外す必要があります。

どちらにしても、やってみると難しい作業ではないことがわかります。
「こわれちゃったあああヽ(;´Д`)ノタスケテ~」
とアセる必要はありません。是非修理にチャレンジしてみてください。



仕事の電話をしながら、なんとなく手元にあったライターで二胡の弦をあぶってみたら…

スパンッ!!!!Σ (゚Д゚;)

と切れてはじけとびました。びっくりした…
で急遽弦を張り替えることになったので、その手順を紹介します。


二胡の弦の交換その1


こちらの動画をご参照ください。
この方法は一番簡単な方法だと思います。

デメリットとしては、糸巻きが不意に緩んだとき、弦が糸巻きから完全に外れてしまいやすいこと。
巻きクセがついた弦をもう一度巻くのは、けっこう難しいんですよね。

注意点


内弦と外弦で巻く方向が逆になることに注意です。

巻いていく過程で、弦が隙間なくキレイに巻けると、
調弦も狂いにくくなっていいと思います。

弦の先が尖っていてけっこう怪我します。交換の際はお気をつけて。


tyonhu image

先日故障した中胡を修理しました。
症状は僕にとってあまり経験のないケースで、

台座を止める木ネジの受け穴がバカになる

というものでした。

repair image
音窓をはずして二胡の胴をのぞくと、
こんな感じで木ネジの頭がちょっとだけでてると思います。

この穴がおおきくなっちゃったんですね。 
木ネジが止まっていられず、台座が外れてしまいます。

結束バンドで胴と台座を固めて使っていましたが、しばらく使わないので修理開始!


とりあえずバラバラに…

repair image

しました(´ー`)y-~~
さて、症状の確認~と。

repair image
台座を外して、ネジだけ差し込んであります。

こんな場合、この穴をいったん埋めてもう一度木ネジを差込み直す…
と、なるんでしょうが…

ボルトとナットで!

repair image

木ネジを使わず、ボルトとナットで締めることにしましたw。

もともとあった木ネジのサイズのドリルで胴の穴を広げちゃいます。
そしてホームセンターでネジとナット、ワッシャーのセットを買ってきて終了!

弦の張力とバネワッシャーでけっこうしっかり止まりそうです。

再組立して弾きましたが、支障はなし。
これで中胡も復活です!

ネジ穴がバカになったら、この方法、簡単ですよ~
胴にドリルを刺すのはちょっと勇気がいりますが……


糸千斤を巻く…ニガテ意識をもってられる方は多いと思います。
ためしてみようにも、今ついてる千斤をほどいてしまって、もとにもどらなかったら…
なんて不安に夜も眠れない日々を過ごしておられませんか?

リスクなく、千斤を巻く練習をするアイデアを紹介します。

千斤を巻く練習法

今ついている千斤はそのままで、別の場所で巻く練習をする

これで解決です!

順序としては、

1.今までの千斤をそのままにして、あいたスペースで巻く練習をする。
2.納得のいく巻きができたら、古い千斤をほどく。
3.新しく巻いた千斤をずらして演奏位置へ。

*千斤を巻いたりずらしたりする時には、少し弦を緩めましょう。


新しい千斤が完成するまで古い千斤をほどかずにすむので安心ですね。
これで失敗への恐怖を減らすことができます。
二胡の現状を変えないですむので、すこしづつ巻く練習できますね。

◎二胡・千斤のまき方
    http://erhufukui.linkulblog.net/e119354.html
 


今日の練習おわり!
ただ楽器に弓をかけ、そのまま終。
…ってしていませんか?
練習後のちょっとの一手入れで、楽器への愛情表現を!
 

 

スマートな二胡の片付け方

まず、楽器を拭くための布を一枚用意しましょう。
IMG_1449

演奏が終わったら、その布で弦の”演奏時に指で触っていた部分”を拭きます。
IMG_1450
指の油がついているのを拭き取るんですね。

で、さらにその布を
IMG_1451
こんな感じで弦に軽く巻いて、
IMG_1452
その上から弓をかけて片付けます。これで完成。
 
●二胡・弓のかけ方

布を使う理由

弓の毛に手の油が付くと、松脂が乗りにくくなるそうです。
演奏後、なにもしないでただ弓をかけると、弦についていた左手の油が弓につくことになります。

また、弓についている松脂が弦のほうにもつきます。
ベタベタして演奏しづらくなりますね。

間に布を一枚挟むと、弦に松脂がつかないし弓に油もつかないので安心です。

いくらか弦の寿命が延びるかもしれません。

けっこう弦って汚れるもので、布で拭くとき、ツメを立てて、キーッと強く弦を拭いてみてください。
黒い汚れがモリモリとれることもあります^^;


布は、ハンカチでもなんでもいいと思いますよ。


dse3231

最近新調した弓。
ダブルストップ奏法をやるとき、節のところが外弦にひっかかってうまくできないんですよね。
そこで!

節のデコボコを紙やすりで慣らしてしまいましょう!


紙やすりで

fwgtabnmnmnmll

(゚Д゚)テヤーーーーー!
80番くらいの荒目を使いました。

te43111131
こんな感じに仕上げました!

指でさわって、滑らかならそれでよし。
あんまりやりすぎると、弓の強度に支障でるかもなのでホドホドニ。

節のある弓でも、こんな処理をしないといけない弓はめったにないんですけどね。

今日も元気にいきまっしょい!


rhrhrhhrhr42y4q
これは、先日役目を終えた僕の北京式弓。
ちょっとミーハーなモデルを使っていますw。

入手できなくなると困るので、予備も買いました。
弓は竹と馬の尻尾の毛などで出来ています。

僕はしばらく大阪の中国民族楽器専門店で働いていたんですが、
その数年間の間にも、取り扱われる弓の種類にいろいろと変遷がありました。


10年弓の変遷

まず最初の頃とりあつかっていた弓は、ほとんど「蘇州式(南方式)」とよばれるタイプだけでした。

*「蘇州式」の弓とは?こちらの動画を参照してください。
●二胡・弓の調整

しばらくして、「北京式(北方式)」の弓が入荷。両方使ってみたところ、

蘇州式(南方式)→弓自体がしっかりしている。音色も太い
北京式(北方式)→取り扱いやすい

てな印象を持ちました。
どちらがいいかは、好みの問題ですね。

手に入りやすいのは北京式

今日本で手に入りやすい弓は北京式だと思います。
1万円以上する高級弓ならなおさら。

蘇州式の超高級弓ってあるのかな?

節なし弓の登場

あるとき、”竹に節のない弓”が登場しました。

二胡弓は竹でできているので、途中にこんな節があります。↓
2wsdertyhy

弓は胴の上をすべらせるので、この節が引っかかることもあるっちゃああります。

節のない、真っ直ぐな弓はそういったこともないし、見た目もキレイ。
現在手に入る多くの高級弓で、「無節」であるものは多いです。

こんどはたくさん

で、またしばらくしたら、今度は”節のいっぱいある弓”ってのが登場(笑)

こちらは、
「節がたくさんある竹はとてもしなやかで、演奏しやすい」
という論理によるもの。これがまたけっこう高価でした(´_`。)グスン


↑これがそうです。

使ってみると確かに弾きやすい…でも節いっぱいw

どちらがいいんだーー!と消費者は翻弄される毎日でした。

自己責任で

いろいろ使ってみて、自分が好きなタイプを見つけるしかありません。
自分の好きな製品が生産中止になるなど、手に入らなくなることはままあります。

「自分はこんな感覚の弓が好き」という感触を覚えておくといいと思います。
多少の誤差は慣れますよw。

タイプ変更は注意

ずっと蘇州式の弓を使ってた人が、始めて北京式をつかうとき、またはその逆もそうですが、
蘇州式←→北京式のもちかえを行う場合は注意です。

見た目はほとんどいっしょなのに、扱いの感覚は結構違いがあります。

僕も蘇州式から北京式に変えたとき、馴れないうちは苦労しました。
始めて使うタイプの弓を、ちょっと弾いて
「なにこれ気持ちワルっ!や~めたノ ̄Д ̄)ノ彡┻┻ 」
としないで、しばらく使ってみてから判断できるといいかも。


ご存知のこととは思いますが、
弓の毛に松脂がついていないと全く音はでません!!


新品弓で弾いてみると…?


動画の弓は、松脂がぜんぜんついてない新品の弓です。
音、でないですねー

お店で買う弓は、すぐに演奏できるように松脂が塗ってあることも多いです。

松脂を塗って弾いている二胡弓は、音を出すことに松脂が落ちていって、この“何も塗ってない状態”に近づいていきます。
松脂が全くついてない状態の弓で弦をこする感触を知っておくと、普段の練習で毛の松脂が減ってきたことに気づける…かも?

Pages: Prev 1 2 3 4 5 6 7

こばやし二胡教室SHOP

ウェブショップはこちら  ↓↓ http://erhufukui.thebase.in/

二胡に関する記事

奏法やメンテナンスなどの情報記事はこちらにまとめてあります。

→二胡情報一覧

音源