2011.11.5の練習曲




→楽譜はこちらをクリック!
ビブラート以外の装飾音を実践的に練習してみましょう。
打音、滑音、トリル。どれも目立ちすぎないように!
最後のトリルの連続の部分、楽譜の書き方が「tr.」の連続でいいのかわかんないので
書き直してます。
この楽譜に書いてある装飾音のほとんどは、
実際には「楽譜に書くほどのことはない」ものです。
こんなメロディを僕がどう弾くか、と考えて、
一例として、装飾したものを全て書いてみました。
販売されている楽譜には「メロディに絶対必要な装飾音」しか
書いてありません。
何も書いてないからとノッペリ弾かないで、
是非積極的に装飾音を使ってみてください。
目立たない装飾音の使い方が、
演奏者それぞれの歌い廻し方になっていきます。
各テクニックについてはこちらをご参照ください。
 http://erhufukui.linkulblog.net/e119359.html
【楽譜の表示/動画の再生がうまくできないときは】
 http://erhufukui.linkulblog.net/e132313.html  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください