小林がデンペンに使ったテープの変遷


コメントで、

「デンペンに貼るテープは何がいいか?」

と質問をいただきました。
この商品で決まり!といえるほど厳密に試してはいないのですが、僕がデンペンが減らないようにするために試してきたことをならべてみます。


まず大前提として

デンペンは二胡の胴と弓がこすれあう部分を保護する部品です。
↑の写真のべっこう柄の部分。

これは多くの場合プラスチックなどの樹脂でできていて、弓の毛がこすれあう部分などが磨耗によって磨り減ってしまいます。

交換はそれなりに面倒なので、磨り減る部分にテープを貼って、テープを交換していくことでデンペンを守るという、なんだかイタチゴッコなことをやっているわけです。

演奏性で言うなら、デンペンにテープは貼らないほうがいいです。
テープは少なからず運弓の抵抗になり、弓との相性が悪いとかなり弓の運びが重く感じられるようになってしまいます。

長時間練習できる人はそれなりにデンペンも磨り減ってしまうので、必要悪としてテープを使っているということ。

逆に、「数年二胡やってるけど…デンペンが磨り減っているようには見えない」なんて人は、テープを貼らずにガンガン弾いていけばいいと思います。

デンペンが減って行くのを感じている人は、テープなどの保護策をとりながらも、同じ演奏をより少ない力でできるように注意して、デンペンに弓を押さえつけるように演奏していないか確認してみましょう。

最初はガムテープ

最初に試したのは紙のガムテープ

家庭にある普通のガムテープ。
紙製のものです。

これは表面ツルツルで演奏性はまずまずですが、あっ!という間に磨り減って穴があいてしまいます。
1日もつかどうか…^^;

デンペンにテープを試しに貼ってみたい人には、身近な素材としてお勧めです。

次は絆創膏

次はフィルム状の絆創膏テープ。

これはツルツルそうだぞ!と思って試してみました。
耐久性は良く無いですが演奏性はまずまず。
いつも2枚重ねて貼っていました。

1年ほどかけて使い切りました。

次も絆創膏

上のを使い切って、次は不織布を使った絆創膏テープ。

これはテープ物の中では一番よかった!
すべりもいいし、薄いのに耐久性があって結構もちます。
テープならば薄い不織布テープがお勧めです。

ただ、テープ物は何度も貼り替えを行っていくうちに糊が残ってネバついてしまいます。
僕は気が向いたときにエタノールを少しつけて取り去っていましたが、確かに面倒ではあります。

現在は金属

そしてしばらくしていたら、「金属性のデンペンカバーを貼っている」という方から連絡をもらって試してみました。

◎金属デンペンのススメ

ちょっと目からウロコの作戦でした。
ちょっとした工作は必要ですし、僕の場合工作が粗いからこそ弓の毛が時々ひっかかったりしますが、滑り最高、磨り減る様子は全くありません。

できる方にはお勧めしたい方法です。

磨り減る方はお試しを

僕の生徒さんでも、数年のキャリアがあっても、全員の二胡のデンペンが磨り減っているわけではありません。

素のままなら素のままが一番いいので、ご自身の二胡や練習環境の状態と相談して試してみてくださいね。

「小林がデンペンに使ったテープの変遷」への2件のフィードバック

  1. 初めまして
    小林先生の ネット楽しく拝見し、
    d調、f調のテキスト購入し 練習しています。去年暮れから 近くの音楽教室で 月2回30分レッスンを受け始め 先週 デンペンにテープを貼るといいと 伺い 先生の ブログを参考に マステを貼り、その上に 紙の絆創膏を貼って弾いてみました。すると デンペンの方のテープが剥がれるのはいたしかたないのですが 弓の竿がべたべたになって 何で拭き取れば良いのかわかりません。デンペンのようにエタノールで 毎回拭いてしまって問題ないでしょうか?一度拭くと 茶色い塗料が落ちました。すみません よろしくご回答お願いします。

    1. コメントありがとうございます。

      絆創膏ではそうなりますよね…僕が絆創膏や不織布テープを使っていた時には、糊の層に達する前に張り替えていました。なので結局面倒。それで、今は金属板をはっていたり金属蒸着テープを使ったりしています。
      弓の竹を薬剤で拭きとるのは、もし1本の弓を毛を張り替えて長く使われるのでしたら避けた方がいいかもしれませんが、弓の塗装はどうせデンペンのと摩擦で削れてしまうものなので、それほど気にしないで拭いてしまっていいのではないかと思います。
      でもできるだけ薬にたよらず、糊が付かないような使い方を自分にルールつけしたほうがいいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください