二胡は弾きこむと”音”が変わる??



二胡を買いにいくと、楽器屋さんから言われることに、
弾いていくと、どんどん音がよくなる
っていうのがあります。
これは、本当です。
しっかりした造りの二胡なら、数年は弾き込んでいくことで
どんどん”いい感じ”の音が出て、演奏しやすくなっていきます。
二胡は、幾つもの部品を接着して作られていますから、
新品のうちはそれぞれがバラバラに振動します。
弾いて弾いて弾いて弾いて…いくことで、楽器全体が一つになっていくようなイメージでしょうか。
弾きこんでいくことの音質の変化の目安として、昨日の記事のデータが参考になるかと思います。
素材も職人も違いますが、ほぼ同じ価格帯の二本の二胡。
フレーズも違いますが、音を聞き比べてきましょう。
まずは新品二胡。

こっちは、10年弾き込んだ二胡。

素材も職人も違うので細かいツッコミは勘弁していただいて( ´・_・`)
新品の二胡の音は甲高い感じがします。音の線が細いというか。
弾き込んだ二胡は音色が太いですね。
10年弾き込んだ二胡も、上の新品の例のような甲高い感じでした。
3年くらい弾いて、「だんだん柔らかくなってきたなあ」と思った記憶があります。
この楽器の音を生で聞くとさらによく分かりますが、
新品二胡は蛇皮周辺から音が聞こえる。
弾き込んだ二胡は楽器全体が鳴っている感じがします。
バイオリンなんかは、何百年も弾いてやっと良くなった、みたいな世界のようですが、
二胡は蛇皮というナマモノを使っているので、音の変化が早いのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.