ハンドベル方式で二胡を弾いてみる


毎週*曜日はレッスンの日…
その日が迫ってくるのが憂鬱ではありませんか?

大人になってからは、しっかり練習ができる人というのはとても恵まれています。
仕事や家事もそうですが、音を出しても大丈夫な練習環境もなかなか良い条件がそろうことは難しい。

で、前回のレッスンから1度も楽器に触らずに次のレッスンにきてしまった…

そんなときには、ウチではこんな遊びをして楽しんでいます。


ハンドベル

これは、ある日のグループレッスンの様子です。

二胡は1本でメロディを奏でることができますが、生徒さん一人が弾く音程を1~2音に決めてしまって、自分の担当の音のときにだけ弾いて、みんなでひとつのメロディを奏でようという遊びです。

ちょうどハンドベルの演奏のように。

二胡の場合、1箇所押さえれば内弦と外弦の2音はまあ心配なく出せるので、それぞれ担当の位置を押さえ、その内外弦の音程を担当しています。
これなら、練習不足の人はもちろん、ポジション移動未体験の人が弾けない曲でも参加することができますね。

この動画では7人で演奏。
顔出しNGなんで画面はあらぬ方向を向いています。

その場のノリでいろいろきめたので、ある音については二人で演奏しているところもありますが、まあ細かいことは気にしない。

楽譜も初見です。

悲鳴も聞こえますがw楽しくレッスンしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください