アマゾンで買える二胡ケース



昨日、ケースの話になったので、アマゾンで買える二胡のケースを見てみましょっ

いちばん良く見るのがこの手セミハードケースですね。
安価な二胡のセットのケースもこれが多いように思います。
こばやし二胡教室で販売している二胡セットもこれです。
http://erhufukui.linkulblog.net/e106437.html
最初の写真はこのケースの内側です。
スチロールが二胡の形にくりぬいてあります。
楽器はしっかり守ってくれるので安心。
気になるところといえば…
・小物をしまうスペースが少ない
・ごつごつする
・中面の仕上げがあらい物も多い

簡単なつくりのソフトケースですね。
僕はいろいろなケースを使った結果、最近はこんな感じのソフトケースを主に使っています。
ハードケースに比べれば楽器に優しくないですが、
二胡は軽いので、ぶつけないように気をつければ大丈夫かなと。
ひょいと担いだとき、ハードケースにくらべ体にフィットして持ちやすいのが一番の理由です。
ソフトケースにはいろいろ種類があって、大きな小物入れがついていたり、
ブ厚いスポンジで楽器保持力を高めていたりと、一番特色豊かなタイプです。

最近流行っているのがこのタイプ。
日本で手に入る高級二胡についてくることが多いです。
外見は同じでもお店によって結構値段の開きがあります。
内側には幾つか種類があって、最初に紹介したセミハードケースと同じように
スチロールをくりぬいてあるタイプのほかに、二胡の胴と頭を特殊なスポンジで挟んで保持するタイプとあり、
後者の方が値段が高いようですが、楽器には優しいと思います。
中に大きなポーチがついているのもあります。便利です。

二胡のハードケース、というとこんな感じです。
これはあんまり使っている人をみたことないですね。
単純に重いし、ケースへの衝撃がそのまま楽器に伝わるようなつくりになっていて、
優しくありません。
ちょっと折り曲げれば楽譜などがたくさん入るのはいいとろこw
長い間使わない二胡をしまっておくには最適かもしれません。
   ***********
二胡自体が軽いので、強固なハードケースでなくても
十分楽器を守ることができるんじゃないかなと思います。
僕は今田舎住まいで車移動が多いので持ちやすいソフトケースを使っていますが、
都会など電車移動が多い時には、ぶつける機会も多いでしょうからセミハードケースが安心かも、ですね。
楽器店によっては、二胡が2本入るソフトケースも販売しています。
これが便利で、二胡と中胡を入れたり、二胡1本と楽譜やサイフ入れに使ったりとカバン代わりにもなります(笑)
ケースの故障で多いものと言えば、
・セミハードケースなどでは蝶つがいの部分の故障
・セミハードや2本入りなど、楽器を入れると重くなるケースだと、
背負うためのストラップの付け根がちぎれてくる。
といったところ。
長持ち度では、ソフトケースに軍配が上がるのかもしれません。
大切な二胡は、信頼できるケースに入れておきたいものですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください