「花火」フレーズ3


Sing J Royさんの「花火」という曲に、二胡、中胡、板胡で録音したフレーズを紹介します。
最後に、ラップの部分に入っている「フレーズ3」。
板胡のみです。これも、内弦C/外弦Gに調弦してあります。
→楽譜はこちらをクリック!
このフレーズ、デモの段階ではポルタメントの効いたシンセサイザーのフレーズだったので、
それをモノマネ。
特徴的な滑音です。
滑音=ポルタメントです。

そんなこんなで出来上がったアッパーチューン「花火」。
レゲエの本場ジャマイカでミックスされたブ厚い音をCDで、ライブで是非きいてみてくださいね!
【楽譜の表示/動画の再生がうまくできないときは】
 http://erhufukui.linkulblog.net/e132313.html  
Sing J Roy「IRIE365」はこちらで購入/ダウンロードできます。
itunesストア↓(試聴あり)
http://itunes.apple.com/jp/artist/sing-j-roy/id214192689

9月25日鯖江西山公園にて行われるフリーイベント「IRIE365」
http://danne.jp/irie365/2011/

「「花火」フレーズ3」への2件のフィードバック

  1. はじめまして。こんばんは。
    動画、1つ見るとついつい他のも再生してしまいました。
    すごく優しい音ですね。
    ちゃんと聞いたのは初めてでした。
    私、ケルト音楽が好きなんですけど、
    ケルト音楽の中にも、これに似た音があります。
    もしかして、似た様な楽器が使われているんでしょうか。
    二本しかない弦で、こんなに音がなるなんて、
    すごく感動的ですね。

  2. ご覧頂ありがとうございます。
    ケルト音楽といえばフィドルですが、それとは違う音でしょうか?
    どんなだろ~??
    世界には奇妙奇天烈な楽器、たくさんありますもんね!

こばひろ へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください